ひらがなが読めないお子さんでもできる!いろいろな知的能力が身につく遊び~「かるた」

お子さんが『ひらがな』を練習するための遊びとして思い浮かぶのが「かるた」。
しかしながら、お子さんが文字が読めないうちはかるたでは遊べない、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも実は、まだひらがなが読めない2歳児さんくらいからでも、かるた遊びをとおして文字に親しむだけでなく、さまざまな力を養うことができます。

スポンサーリンク

ひらがなが読めない2歳児さんの「かるた遊び」の方法は

では、まだひらがなが読めない2歳児さんの場合、どのようにかるた遊びをすればよいのでしょうか?
私が2歳児さんクラスのレッスンで行っている遊び方をご紹介します。

普通のかるた遊びと同じように、読み手が文字札を読み上げ、取り手が該当する絵札を探して取ります。
この時、絵札に描かれた文字を見つけるのではなく、絵を手がかりにして探します。
つまり、読み上げられた文言をよく聞いて、その中に出てくるものが描かれた絵札を探すのです。

いきなり46枚すべての絵札から目当ての1枚を見つけ出すのはむずかしいので、数をへらして難易度を調整します。
最初はあ行だけ等1つの行ごと(5枚ずつ)からスタートしましょう。

「今からママが”あいうえお”で始まるお話を言うから良く聞いて、お話にあうカードを探してね。」となどと声掛けをしましょう。

上手に探せるようになってきたら、あ行・か行の10枚など、一度に使用する札の数を少しずつ増やしていきましょう。

2歳児さんがかるた遊びで伸ばせる力とは?

まだひらがなが読めないお子さんでも、このようなかるた遊びをすることで、

*文字札が読まれている間じっと話を聞く(集中力・聞く力)

*文字札に出てくるものの名前を理解する(語彙力)

*絵の状況を読みとる(状況の認知)

*たくさんある絵札の中から目的の札を探し出す(注意力・観察力)

・・・など、さまざまな力をやしなうことができます。

ひらがなが読めるようになってきたら、文字札を読んだ後、「今のお話はあひるさんが出てきたね。あひるさんの“あ”を探してね」などと声掛けをして、文字を意識させましょう。

しかしながら、ひらがなが読めるようになることよりも大切なのは、「今からお話するからよーく聞いてね」と言われたときにちゃんと集中して聞けるかどうか。

この「聞く力」をつける、というのが、2~3歳くらいの子どもにとっては実はとても難しくて、且つ、とても重要なことなのです。

また、かるた遊びで勝ったり負けたりを経験することで、勝ったときの嬉しさや負けたときの悔しさを味わえるので、「くやしいから次にまた頑張る」という前向きな気持ちが持てるようになったり、自分の感情をコントロールすることにもつながり、子どもたちを成長させてくれます。

最後に

子どものさまざまな能力を高めてくれる「かるた」遊び。
ひらがなが読める・読めないにかかわらず、ぜひお子さんといっしょに楽しくチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに、教室で使用しているかるたのうちの一つがこちら。
いもとようこさんのイラストが魅力的な”あいうえおかるた”を使用しています▼


いもとようこ あいうえおかるた ([かるた])

◆こちらの記事もよく読まれています>>>

ひらがなの教え方、いつから?どうやって? 2・3・4歳のレッスンでしている「ひらがな」の読み書きの取組をご紹介

おうちで知育

「うちの子はなかなか文字に興味を持たなくて・・・」 「なかなか”ひらがな”が読めるようにならないんだけど大丈夫かしら」 …

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"