繰り上がりのある足し算でつまずかないために・・・「10の構成」

『数の構成』は、足し算や引き算の基礎となる、たいせつな概念です。
ある数がいくつといくつで出来ているか(いくつといくつに分けられるか)ということです。

たとえば、

5は「1と4」、「2と3」、「5と0」に分けられます。
つまり、5は4と1に分けられる = 4と1で5になる=「4たす1は5」
また、4はあと1あれば5になる = 4は5になるには1足りない = 「5ひく4は1」

ということです。

まずは具体物をつかって理解できるようにしていくことが必要です。
おはじきやキャンディーなどをつかって、5の構成から練習してみましょう。

スポンサーリンク

具体物を使って「数の構成」を理解する方法

①5の構成(合わせて5)

お子さんの目の前におはじきやキャンディーなどを5つ並べて数えさせます。
全体の数が確認できたら、見えないように両手にいくつかずつ分けて入れ、片手のほうだけ見せて、反対の手にいくつあるかを考えさせます。
>あといくつで5になるか?5の補数を考える遊びです。

「4とあといくつ?」や「3とあといくつ?」はすぐにわかっても、逆の「1とあといくつ?」や「2とあといくつ?」は、見えない数が多くなるためむずかしくなります。

”「4と1で5」だから、反対にして「1と4で5」だ!”などとわかるようになるのはだいぶ理解が進んでからになります。
むずかしいようなら「1と4で5でした~」と見せてあげちゃってください。

何回も遊んでいるうちに、直感的にぱっと答えられるようになってきますので、じょじょに数を多くしていき、10までやってみましょう。

②10の構成(合わせて10)

10の構成は、繰り上がりのある足し算・繰り下がりのある引き算に必要になります。
繰り上がりのある足し算は、10を作る考え方を使います。

9+4の場合、9はあと1で10になるから、4から1をもらって10をつくります。
出来た10と、4から1をあげた残りの3を合わせて、答えは13となります。

また繰り下がりのある引き算では、1の位同士では引けないので10から引き、残った数と1の位の数を合わせて答えを出します。

12-7の場合、1の位の2から7は引けないので、10から7を引いた残りの3と、1の位の2を足した5が答えとなります。

繰り上がりの足し算も繰り下がりの引き算も、10がいくつといくつでできているかという『10の構成』がぱっとわからないと、スムーズに計算することが出来ません。

1年生で繰り上がり・繰り下がりが出てきたときにつまづかないよう、10の構成を理解しておきましょう。
5の構成と同じく、まずは具体物をつかって理解することが必要です。

百玉そろばんで、「10の構成」を視覚的にインプットしていくのも効果的です。

百玉そろばんを使った「10の構成」(合わせて10)のインプットの仕方は、以下のとおり。

①まずは百玉そろばんで「10の階段」を作ります。玉をすべて右に寄せます。

②上から1段目は1つだけ左に寄せます。2段目は2つ、3段目は3つ・・・・10段目は10個全部を左に寄せます。
これで、「10の階段」が出来ました。

③次に1段目から、「1と9で10」と言いながら、左端と右端の玉を両手で真ん中に寄せて合体させます。
同様に、2段目「2と8で10」、3段目「3と7で10」・・・10段目「10と0で10」まで行います。

実際に玉が合わさって10のかたまりが出来るイメージが、頭の中で数を操作する基礎になります。

関連記事:百玉そろばんを使った「繰り上がり」「繰り下がり」のやり方

おうちで知育

繰り上がりのある足し算は、10を作る考え方を使います。 また繰り下がりのある引き算では、1の位からは引けないので10から…

 

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"