くもん『NEWさんかくたんぐらむ』~図形の合成・分解の基本のパズル

「タングラム」は、正方形を7つ(三角形5つ・正方形1つ・平行四辺形1つ)に分割したピースを組み合わせてさまざまな形を作る有名なパズルです。

くもんからも『NEWたんぐらむ』という商品が出ていますが、こちらはそのジュニア版、『NEWさんかくたんぐらむ』。


NEW さんかくたんぐらむ

『NEWさんかくたんぐらむ』で使うピースは「直角二等辺三角形」のみ。
直角二等辺三角形は、2つで三角形・正方形・平行四辺形が作れる等、図形の基本となる重要な形です。

DSC_0643

・・・が、そのようなことを意識して教え込まなくても、『NEWさんかくたんぐらむ』で遊んでいるだけで、自然に図形の合成・分解の基本を理解することができます。

『NEWさんかくたんぐらむ』取り組み方のステップ

『NEWさんかくたんぐらむ』の対象年齢は2歳~。
ピタッと型はめできるガイドボードのお手本が24枚と、原寸大シルエットのお手本が40例掲載されたガイドブックがついています。

使うピースは直角二等辺三角形のみですが、1ピースでできるものから8ピース使うものまで、少しずつピースの数を増やして難易度を上げていけるようになっています。

以下で、2歳児さんから始めて徐々にレベルアップしていく取り組み方をご紹介します。

①1ピース、2ピース(バラバラ)の型はめ:向きを合わせる

最初は1ピース、もしくは2ピースでもバラバラの見本から。
「1ピースだけなんて簡単すぎ!」と思われるかもしれませんが、2歳児さんくらいだと、三角形の向きを合わせて枠にはめるのはむずかしいものです。

最初は適当にピースを置いてみて、枠にはまらなかったらクルクル回して、たまたまはまったらラッキー、という感じではないでしょうか?

それが、くりかえし遊んでいるうちに、ちゃんと三角形のお山のてっぺん(90度のところ)を認識して、向きを合わせてから確信をもってボードの上に置けるようになってきます。

②2ピースの合成(型はめ)

2ピースが合わさってできた形を作ります。
さんかく2つで「ましかく」ができることは結構すぐに気がついてぱっと作れたりしますが、さんかく2つで「さんかく」はむずかしい・・・
しかし、パズルでたくさん遊ぶ中で何回も作るうちに、ぱっと作れるようになってきます。

③3~8ピースの合成(型はめ)

徐々にピースを増やして難しいお手本にチャレンジしていきます。

DSC_0641

このようなかたちを見て、「真ん中に”ましかく”が入るな」と、さんかく2ピースでできる”ましかく”が入ることにぱっと気がつくような力、すなわち「図形感覚」が養われてきます。

④2~8ピースの合成(テキストの上)

 

『NEWさんかくたんぐらむ』には、型はめのボードのほかに、2~8ピースを使用したお手本40種類が掲載されたガイドブックが付属しています。

お手本は原寸大になっているので、ボードの上に作成する場合と同様、お手本の上にピースを乗せて形を作りましょう。
どこに三角形のピースが入るのか、分割線を意識しながらやってみましょう。

⑤2~8ピースの合成(テキストを見ながら)

④と同様テキストのお手本を見ながら、今度はお手本の上に置くのではなく、お手本を見ながら机の上に作ってみましょう。
お手本の上に置くよりも、難易度がぐっと上がります。

最後に

教室では、年中さんで「どちらの形が大きいか(広さくらべ)」を、”同じ大きさの三角いくつ分?”で比べる取組をします。
その時に、それぞれの形を三角いくつ分に分ける(図形の分割)ことがなかなかできなかったり、正方形1個分=三角形2個分と同じ広さである、ということがわからないこともあります。

こういった感覚は、やはり小さい時に図形パズルでたくさん遊んだ経験がモノを言います。
特に直角二等辺三角形の合成は基本なので、小さいうちからこのようなパズルでたくさん遊ばせてあげたいものですね。

NEW さんかくたんぐらむ


■こちらの記事もよく読まれています>>>

2歳児さんのドリル・プリント学習って意味あるの!? 目的とメリットは?

おうちで知育

小さなお子さんをお持ちの親御さんで「何歳くらいからドリル・プリント学習をさせたらいいの?」という疑問をお持ちの方も多いと…

幼児の家庭学習を習慣づけるおすすめの方法:3つのポイント

おうちで知育

教室の生徒さんのお母さまから良くいただくご相談のひとつが、『家庭での学習を習慣づけるにはどうしたらよいか?』というもの。…