【オススメ知育玩具・おもちゃ】ゆびさき

指先を使うことで脳を刺激するあそび~『ペグさし』

『ダイワ カラーペグ25』は、赤・青・黄色・黄緑・白の5色・25本のペグを5×5列のボードの穴にさしこんで遊ぶおもちゃ。


だいわ カラーペグ25

ペグとは釘(くぎ)や杭(くい)の意味ですが、「ペグさし」といえば、木でできた棒状のものを同じく木製の台の穴にさしこんで遊ぶおもちゃのことになります。

指先は「第二の脳」と言われ、指先を使うことで脳を刺激し、知的な発達につながるということをご存知の方も多いと思いますが、「ペグさし」はまさに、小さなペグを指先でつまんで穴に刺す、という動作が指先の器用さを育て、知的発達を促してくれるおもちゃです。

こちらの『ダイワ カラーペグ25』は、ペグの大きさ・太さも結構あるので、ペグの色や穴の位置に関係なく、好きなところに自由に刺したり抜いたりして遊ぶなら1才前後から遊べます。それだけでも、じゅうぶん指先の巧緻性をやしなう遊びになります。(ただし、お子さんがペグを口に入れないよう注意が必要です。)

また、台を使わずペグだけを使って、同じ色どうしに分ける「なかま分け」遊びをすることもできますね。

※いろいろなものの中から”おなじなかま”を選び出して「集合」をつくることは、かずの理解の基本になります。

ペグを自由に抜き差しすることがカンタンに出来るようになってきたら、難易度を上げて、同じ色のペグを一列に並べさせてみましょう。

また、ペグを「赤・青・赤・青・・・」の2色交互や「赤・青・黄・赤・青・黄・・・」の3色交互など、2色や3色の繰り返しのパターンで並べた見本をボードの上段のほうに作っておき、見本と同じになるように下段に刺していくことで、”さまざまなものの中から「法則」(パターン)を発見し、その「法則」を他の場合に応用してさまざまな課題を解決していく力をやしなう「系列」遊びになります。

もちろん、好きな色のペグでお絵かきをするように好きな模様を作って遊ぶのもいいですし、3歳以上になれば、

「いちばん上の段の、右から2番目の穴に、赤を入れてください」

などと、座標軸上の位置の理解をうながす(空間認識力)指示をしっかりと聞いて記憶し正しく処理する(指示行動)遊びにも発展させられます。

ダイワ カラーペグ25~シンプルな5色・25本のカラーペグで、楽しく指先のトレーニングができます。

◆こちらの記事もよく読まれています➡

赤ちゃんの脳を刺激する!「手・指」を使うおすすめのおもちゃ

2歳児さんにおすすめのおもちゃは?~子どもの発達に沿ったおもちゃ選び

2歳児さんのドリル・プリント学習って意味あるの!? 目的とメリットは?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA