【オススメ知育玩具・おもちゃ】かず

”数字”が読めるだけでは意味がない。パズルで数字の意味を理解する『 Match & Count First Counting Puzzles』

たとえお子さんが1から10までの数字を読めていても、「数字」と「かず」が結びついていない、すなわち「数字」を単なる”記号”としてしかとらえていない状態では、数字の意味を理解していることにはなりません。

これは、いくら100まで数えられる(数唱ができる)からといって、100までのかずを理解できている訳ではないのと同じことです。

「いち、に、さん・・・」という”数詞”と、「1,2,3・・・」という”数字”が「かず」をあらわしていることを理解できる、つまり、具体的なものの集合と、数詞と、数字を結びつけられる(●●●=さん=3、がわかる)ことが重要になります。

 

『 Match & Count First Counting Puzzles』は2ピースのパズルで、片方のピースには1~20までの数字が、もう片方には、数字と同じかずの絵が描かれています。


オーチャードトーイ (ORCHARD TOYS) マッチ&カウント パズル

「数字」と「かず」をマッチングさせるとパズルが完成!
どのピースでも合いそうに見えますが、正しくマッチングしないと微妙に合わないようになっています。

対象年齢は3歳~ですが、教室では2歳児さんクラスのレッスンで使用しています。

2歳児さんの段階では、2ピースの絵合わせパズルとして、色を手掛かりにペアを見つけてマッチングすることで、たくさんの中からおなじ色を見つける”絵探し”的要素、また、うまくピース同士をはめこむことによる”指先トレーニング”的要素を主眼に置いています。

2歳児さんでは、完成したパズルを見て「数字」や「かず」に親しむ、といった感じですが、3歳さん~くらいであれば、「数字」を読んで、合う「かず」のものを見つける、もしくは絵の「かず」を数えて、その数をあらわす「数字」を見つける、という風に、「数字」と「かず」を結びつけることを目的として取り組めます。

 

なお、「数字」と「かず」を照らし合わせる遊びはトランプを使って行うこともできます。トランプの1~10までのカードを机の上に順に並べておき、トランプのマークの上に、おはじきを1つずつ置いていきます。(マーク1つにおはじき1つを置く「1対1対応」です。)
カードの上におはじきが置けたら、おはじきを集めてかずを数え、トランプの数字と同じであることを確かめます。

上述のとおり、数字が読めるからといって「かず」が理解できているとは限りませんが、数字が読めることは「かず」を理解するうえでは有効ですので、遊びをとおして数字に親しむ機会をつくってあげることも大切です。

オーチャードトーイ (ORCHARD TOYS) マッチ&カウント パズル OC219

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA