赤ちゃんにも安心して与えられて長く使える。指先の器用さをやしなうおもちゃ『エデュコチェーン』

『エデュコチェーン』は、リング状のパーツをチェーンのようにつなげて遊ぶおもちゃ。


エデュコチェーン20ピースセット

ひもとおし等と同様に指先の器用さをやしなってくれ、赤ちゃんの時から知育に使えるおすすめのおもちゃです。

スポンサーリンク

『エデュコチェーン』が赤ちゃんの知育におすすめな理由

知育あそびの定番ひもとおしは、ビーズなどのひもを通すパーツそのものや、ひもをとおす穴が小さいものが多いのに対し、エデュコチェーンはサイズが大きい(ざっくり7.5cm×5cmくらい)ので誤飲の心配がなく、小さい子でもぎゅっと握りやすい形状になっています。

また、赤・青・黄・緑の4色があり色味がはっきりとしているので、視覚が発達中の乳児期の子どもにも認識しやすい点も、赤ちゃんにもオススメなポイントです。

なおチェーンのようにつなげる際には、パーツの切れ目の部分どうしを押し付けるようにしてつなげるのですが、その際にはパーツ同士を平行に合わせてもつなげられず、片方のパーツを90度傾けないとつなげられません。
そこのところが、小さいお子さんにはむずかしいポイントです。

なので2歳児さん以上でないと、つなげて遊ぶのは難しいかもしれませんが・・・
本来の遊び方ができるようになるまでにも、箱や缶などに出し入れしたり、「ポットン落とし」に使ったり、チェーン状や鍵束状につなげてあげたものをカチャカチャさせたり、ひっぱって外して遊ぶだけでも楽しいですよ。

『エデュコチェーン』2歳児さん〜の遊び方

ひたすら長くつなげる

2歳児さんクラスのレッスンでは『エデュコチェーン』を使い、最初は色は関係なしに、チェーンのように長くつなげていきます。
ひもとおし等と同様、指先の巧緻性をやしなう取組になります。

ただひたすらまっすぐにつなげていくだけなのでカンタンそうですが・・・
同じ1つのパーツに他のパーツをどんどんつなげていって鍵束状になってしまったり、意外と難しいものです。

できあがった長いチェーンをつなげて輪っかにすれば、首飾りに。
首にかけてあげると、女子はうれしそう♪

全部をつなげられたら、今度は外してお片付けです。
何も考えずに引っ張っても外れますが・・・できる限り、つなげる時とは逆で、切れ目の部分どうしを合わせてから引っ張って、無理なく外すようにします。

色の繰り返しのパターンでつなげる

つなげたり外したりがうまく出来るようになってきたら、次の段階では「赤・青・赤・青・・・」や「赤・青・黄・赤・青・黄・・・」など、2色や3色の繰り返しのパターンでつなげていきます。

あらかじめ作っておいた見本を見ながらつなげていきますが、繰り返しのパターンを憶えて、見本を見なくてもできればなおGOODです。

指先の巧緻性をやしないながら、”さまざまなものの中から「法則」(パターン)を発見し、その「法則」を他の場合に応用してさまざまな課題を解決していく力につなげていく「系列」の取組になります。

最後に

『エデュコチェーン』は、赤ちゃんの時から安心して与えられるだけでなく、大きくなっても発展した遊び方ができる、優れた知育おもちゃ。
お試し感覚の20ピースセットなどもありますよ。

◆こちらの記事もよく読まれています>>>

赤ちゃんの脳を刺激する!「手・指」を使うおすすめのおもちゃ

おうちで知育

お子さんの幼児教育について考え始める時期になれば、必ずや検討の土台に乗ってくるであろう幼児向け通信教育『こどもちゃれんじ…