オススメ問題集・ドリル

はさみの練習から線対称の理解まで~川島隆太教授 監修『頭がよくなるきりがみドリル』

「はさみ」を使う取組は、手先の器用さをやしない脳を活性化したり、集中力をつけるのに効果的。そのため私の教室では、2歳児さんクラスからレッスンにはさみを取り入れています。
(関連記事『2歳児さんから始める「はさみ」の練習5ステップ』)
その際に、はさみで切る素材として、折り紙などの他に取り入れているのが『頭がよくなるきりがみドリル』です。


頭がよくなるきりがみドリル (脳元気!)

(※このドリルの名称の”頭がよくなる”というのは、ドリル出版元の学研と東北大学との共同実験の結果、脳の中でいちばん大切な場所であり、”頭のよさ”と大きく関係していると思われる「前頭前野」が、『きりがみドリル』をしているときに活性化するのがわかったことからきています。)

『頭がよくなるきりがみドリル』は、先日の記事でご紹介した”「はさみ」の練習5ステップ”のうち、

③直線切り(はさみを閉じたり開いたりする動きを繰り返して、まっすぐに長い距離を切る)
④曲線切り・波線切り(丸や波線など、曲線を切る)、
⑤直角切り(まっすぐ切ったあと、直角に角度を変えて切る)

に加え、はさみを使って上手に切れるようになってからのステップとしている

⑥線対称の図形を作る(紙を折ってから切る)

に、順を追って取り組めるようになっているのです。

※ちなみにステップ①は、はさみの持ち方・使い方の練習です。
②の1回切りは、コピー用紙や折り紙などを細くテープ状に切ったもので十分です。

 

『頭がよくなるきりがみドリル』の中身は、こんな感じになっています。

③直線切り

紙の端から端までまっすぐ切って切り落とす系から始まり、まっすぐ切って紙の端まで行かず途中の☆印で止める系にステップアップするようになっています。

細長く切った後に、つなげて長い電車にしたり、七夕かざりみたいな輪っかを作ったりするワークも。

④曲線切り・波線切り

丸や波線、渦巻き状に切るものの他、スプーンやイチゴのイラストの輪郭を切り取るのもあります。

⑤直角切り

恐竜の背びれ(?)のギザギザなどの他、サイコロを作ったり、息をフーっとふきかけると動くカメさんなど、切った後で遊べるるワークもあり楽しめます。

⑥線対称の図形(折って切る)

2つ折りから4つ折り、6つ折り、8つ折り、はては12折りまで。折ってから切って、広げた時に出来る線対称の図形を楽しむことが出来ます。

レッスンでは年少さん~年長さんにかけて、2つ折り~12折りの切り紙をします。
子どもにとって、線対称の概念を理解するのはとても難しいですが、切り紙あそびをすることで自然に線対称の感覚をつかむことができます。

2つ折りの場合はどんなものが出来上がるかイメージしやすいですが、4つ折り、6つ折り・・・と増やしていっても、ここをこう切ったらこうなる、と、出来あがりがイメージできるようになることを目指します。

子どもたちが大好きな「はさみ」の取組。切る素材を工夫することで、ますます楽しく取り組めるようになります。

頭がよくなるきりがみドリル (脳元気!)

関連記事:2歳児さんから始める「はさみ」の練習5ステップ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA