メモリーゲームで「マッチング」と「神経衰弱ゲーム」プラスアルファを

教室の2歳児さんクラスのレッスンでは、さまざまな教材をつかって「マッチング」をします。
「マッチング」は色や絵などが同じものを見つける取組。
色や絵を見て「おなじ」を認識すること、また、たくさんある選択肢の中から同じものを見つけることで注意力や観察力をやしなうのが目的です。
今回は、レッスンで使用している「マッチング」の教材をご紹介します。

スポンサーリンク

 

2歳児さんのレッスンで「マッチング」に使用しているメモリーゲーム4種

マッチングの取組には、「メモリーゲーム」と言われるものを使います。
同じ色や絵柄のカードが2枚ずつあり、同じものを見つけてマッチングする遊びのほか、3歳くらいからは「神経衰弱ゲーム」で記憶力をやしなうのにも使えます。
教室のレッスンでマッチングの取組に使っているメモリーゲームを4つご紹介します。

①Hape アニマルメモリーゲーム

『Hape アニマルメモリーゲーム』は、通常のメモリーゲームのように紙製のカードではなく、手に取りやすいサイズの木製のピース(12ペア・24枚)に、カラフルでとってもかわいい動物のイラストが描かれています。

木製のピースには8mmほどの厚みがあるので手に取ったりめくったりしやすく、1~2歳児さんにはとっても扱いやすいのがポイント。ちょっとした積み木がわりに積んで遊ぶことも出来ます。


Hape(ハペ) アニマルメモリーゲーム 

 

他に、似たような木製のメモリーゲームがこちらの『プラントイ アニマルメモ』になります。


PLANTOYS 4118 アニマルメモ

【プラントイ アニマルメモ】を楽天市場で探す

②ラベンスバーガー テディ・メモリー

メモリーゲームの定番、『テディ・メモリー』は、可愛いクマのカードが12種×2枚入っています。
カードのサイズが立て13.8cmとかなり大きめなのと、紙素材ながらしっかりと厚みがあるので折れたりする心配もなく、小さい子どもにも扱いやすいのが特徴ですが・・・
何よりも、子どものみならずママも心を奪われそうな可愛さが『テディ・メモリー』のいちばんのポイントです。


ラベンスバーガー テディ・メモリー

③Shopping List Memory Game

『Shopping List Memory Game』は、ショッピングリストにのっている商品(絵が描かれたチップ)を見つけてカートに載せていくゲーム。
ショッピングリストは4枚あり、それぞれに8つの商品が描かれています。

こちらは上記の2つのメモリーゲームのようにカード形式ではないので、神経衰弱ゲームとして遊ぶことはできませんが、「おかいもの」という”ごっこあそび”的要素を取り入れて楽しくマッチングの取組が出来るところがポイントです。

Shopping List Memory Game

④Pre-School Lotto Games

『Pre-School Lotto Games』は、6つの絵が描かれたシートの上に、同じ絵のチップをマッチングするゲームです。
こちらもカード形式ではないので神経衰弱ゲームには使えませんが、全部で6枚あるシートに描かれている絵はそれぞれ「どうぶつ(ペット)」「どうぶつ(家畜)」「のりもの」「たべもの」「おもちゃ」などに分かれており、ものの名前をおぼえたり「なかまわけ」(上位概念の理解)にも役に立ちそうです。


eeBoo Preschool Lotto Game [並行輸入品]

最後に

子どもはみんな神経衰弱ゲームが大好き。メモリーゲームがあれば、2~3歳くらいから、トランプを使って神経衰弱が出来るようになる小学生くらいまで、長く使えて重宝するのでオススメです。

 

◆こちらの記事もよく読まれています>>>

赤ちゃんの脳を刺激する!「手・指」を使うおすすめのおもちゃ

おうちで知育

赤ちゃんは、目の前のものに手を伸ばし、つかんだり、ひっぱったり、たたいたり、手を使って意欲的に自分自身やまわりの世界を知…

2歳児さんにおすすめのおもちゃは?~子どもの発達に沿ったおもちゃ選び

おうちで知育

2歳になると、子どもは運動機能が発達して自分の動きをコントロールできるようになる一方、自我が芽生え、自己主張が強くなり”…

2歳児さんのドリル・プリント学習って意味あるの!? 目的とメリットは?

おうちで知育

小さなお子さんをお持ちの親御さんで「何歳くらいからドリル・プリント学習をさせたらいいの?」という疑問をお持ちの方も多いと…

 

スポンサーリンク