計算ドリルをする前に~幼児さんが数を抽象化するための遊び

小学校入学を控えた年長さんのお母さまから、「お友だちはもう2桁の足し算ができるのに、うちの子はまだ1桁同士の足し算もできないんですが大丈夫でしょうか・・・」などと不安の声を聞くことがあります。

お友だちとくらべてあせってしまうお母さまの気持ちもわからないではないですが、大切なのは「かず」の概念がしっかり理解できているかどうか。

数の量感がしっかりつかめていないうちに、単なる数字の操作や暗記で足し算ができる(言える)ようになっても、あまり意味がないと思います。

まずは実際のもの(具体物・半具体物)で「かず」を操作できるようになった上で、「数字」という抽象的なものを使って計算ができるようになることが必要です。

今回は、年少さん~年長さんクラスで『数の抽象化』のために取り入れている遊びをご紹介します。

スポンサーリンク

『数の抽象化』のための遊び

『数の抽象化』とは

「数の理解」のステップとして、まずは具体物によって数を分けたり合わせたりできること(数の分解・合成)、また数を、他の数の組み合わせで捉えることができること(数の構成の理解)

その上で、半具体物を用いた数の操作(●●●と●●で●●●●●)から、徐々に数字を使って考える(3+2=5)ことができるようになっていくこと(数の抽象化)が必要です。

「サイコロ」を使って数を抽象化

教室では、数の抽象化をすすめている段階の年少~年長クラスのレッスンで、サイコロ2個を使うすごろくゲームを通して、半具体物(●などの記号)と数字を結びつける遊びを取り入れています。

用意するのは、ふつうのサイコロ(目●がかかれているもの)と、目のかわりに数字が書かれているサイコロ。
こちらは市販ではあまり見かけないので、積み木に数字のシールを貼って手作りしています。

この2つのサイコロを使ったすごろく遊びで、2つの目を合わせた数だけコマを進めることにより、●(=半具体物)と数字(=抽象物)で数の合成(足し算)をすることになります。

たとえば、2つのサイコロを振って「5」と「●●」が出た場合、はじめは「5」を数字がひとつ=●(いち)、と数えてしまい、「●」と「●●」で、合わせて3、と間違えてしまいがちです。

しかし、だんだん「(数字の)5=●●●●●」と認識し、サイコロの「5」の字の上に指をあてて「いち、に、さん、し、ご」と数えたあと、続いて「●●」を「ろく、しち」と数えて、「あわせて7」とわかるようになっていきます。
(実際にはない●を頭の中でイメージして数えることができる=数の抽象化ができている)

そしてさらに何度もサイコロを振っているうちに、数字の上に指を当てて数えなくても頭の中で「5(=●●●●●)」と「●●」を一緒に数えて、「ぜんぶで7」がわかるようになっていきます。

もし「数字」→「●の数」への変換がうまくできない場合は、数字の分のおはじきを使って、「数字」と「おはじきの数」や「●の数」が同じ意味だということを理解できるようにしていきます。

『ドミノあそび』で数を抽象化

サイコロ2個を使う遊びと同じように、半具体物と数字を使って数を抽象化するのにピッタリのゲームがあります。

 


HABA ハバ社 木のおもちゃ ドイツ製 ドミノ 数字をつなごう 数字のおけいこ

木製のカードに、1~6までの数字と、動物の絵(それぞれ違う数)が描かれたドミノカードです。

本来のドミノゲームの遊び方は、1枚に2つの数がかかれたドミノカードを、同じ数が隣り合うように手持ちのカードからどんどんつなげていき、手持ちのカードがはやくなくなった人が勝ち、というもの。

このHABA社のドミノカードは、描かれているのが数字と絵なので、数字と同じかず(量)の絵を見つけることで「数字」と実際のモノの「かず」を一致させていくことにつながります。

また遊び方を変えて、1枚のカードに描かれている絵と数字を合わせるといくつになるか?を考えることで、目と数字のサイコロ2個の足し算のように、絵(=具体物)と数字(=抽象物)の合成(足し算)の取組になります。

最後に

幼児さんのうちからむやみに計算ドリルをさせて「さんすう」嫌いにさせてしまうのは避けたいものです。
遊びをとおして楽しく「かず」に親しませてあげたいですね。

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"