「たなばた」で知育:2歳でもカンタン!折り紙だけで作れる七夕かざり

7月7日は「七夕(たなばた)」ですね。
おうちで、2歳児さんでもカンタンにできる七夕かざりを作りながら「知育」してみませんか?

スポンサーリンク

 

2歳でもカンタンにできる「たなばたかざり」で知育

1.「ましかく」でつくろう

「ましかく」をつくります。

ます、折り紙の上と下の角を合わせて「はんぶん」に折ります。
→「ながしかく」になりました。

できた「ながしかく」をさらに「よこはんぶん」に折ります。
→「ましかく」になりました。

折り紙を広げ、折り線に沿って4つに切ります。

できた「ましかく」を貼り合わせてできあがり!

2.「さんかく」でつくろう

「さんかく」をつくります。

折り紙を斜めに置いて、上と下の角が合うように(対角線で)「はんぶん」に折ります。
→おおきな「さんかく」になりました。

できたおおきな「さんかく」を、さらに「よこはんぶん」に折ります。
→ちいさい「さんかく」ができました。

折り紙を広げ、折り線に沿って4つに切ります。

できた「さんかく」を貼り合わせてできあがり!

☆知育のポイント☆

・折り紙を「折る」、はさみで「切る」、のりで「貼る」といった作業をとおして指先の巧緻性をやしなう

形を認識する(「さんかく」「ましかく」「ながしかく」)

・「図形の分割」が自然に身につく。
(正方形は2つの長方形や直角二等辺三角形、また4つの正方形や直角二等辺三角形に分けられる。)

・「はんぶん(2分の1)」や「4分の1」などの理解につながる。

3.折って・切って「星」をつくろう

折り紙を折って、切って「ほし」の形を作ってみましょう。
どうやって切ったら、☆ができるかな?
いろんな折り方でためしてみよう。

2つ折りができたら、4つ折り・6つ折りにもチャレンジしてみよう!

四つ折りだと・・・

こんな感じ☆

6つ折りだと・・・

こうなった☆

☆知育のポイント☆

・「線対称」な図形に親しむ
折り紙を半分に折って切り、広げた時に出来た形は「線対称な図形」です。
自分の作りたい形にするにはどんなふうに切ったら良いか?を考えることは線対称の理解につながります。

最後に

七夕の短冊に書く”願いごと”から、お子さんの成長ぶりを感じることができたりもしますよね。
「知育のポイント」を意識しながら七夕かざりを作ったら、お子さんのさらなる成長を星に願って、いっしょに短冊を書いてかざってみましょう。

関連記事:

2歳児さんにちょうどいい折り紙の本『1・2・3歳のおりがみあそび』

おうちで知育

「折り紙」は発想力・創造力を高めてくれるだけでなく、指先の巧緻性を養うのに役立つ遊びでもありますが、折り紙の素晴らしいと…

はさみの使い方、子どもへの教え方は?2歳から始めるはさみの練習5つのステップ

おうちで知育

「子どもにはさみを使わせるのは何歳から?」という疑問を持たれる方も多いと思いますが、私の教室では2歳児さんクラスから、レ…

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"