【おうち知育のヒント】

小学生の家庭学習を低学年から習慣化させる方法は

小学生のお子さんを持つ親御さんのお悩みのひとつに、「子どもが勉強しなくて困ります」というのがあると思います。
毎日「勉強しなさい!」「宿題したの?」と言い続けるのもいいかげんウンザリしてしまいますよね。
一方、言われるお子さんの方は「うるさいな~」と思うだけ。逆にどんどんやる気をなくしてしまいます。

とは言え、子どもがある日突然、自発的に勉強をし出すのを期待しているだけではダメ。
最初は、親御さんのほうから積極的に家庭学習の習慣づけをサポートしていく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

家庭学習の習慣づけは低学年から。その理由は?

小中学生・高校生で勉強ができる子には、自らすすんで勉強をする「家庭学習の習慣化」ができているという共通点があります。
小学生のうちに、もっと言うと小学校1~2年生の低学年のうちに家庭学習を習慣化できるかどうかが後々までかかわってくるのです。

とは言え、1~2年生のうちはあまり「勉強、勉強」と追い込まず自由に遊ばせてあげたい、と思われる親御さんも多いのではないかと思います。
では、なぜ小学校低学年のうちに、家庭での学習を習慣づけるべきなのでしょうか?
その理由を3つ、あげてみます。

 

①小学校入学のタイミングが家庭学習を習慣づける最大のチャンス

子どもは、親が思っている以上に「小学生になる」ということを意識しているものです。
「もう幼稚園、保育園じゃない」という自覚とモチベーションの高まりをうまく利用することで、学習を習慣化するきっかけをつくることができます。
また、起きる時間なども含めて生活のサイクルそのものがガラッと変わるので、そこにうまく「家庭学習」という習慣をルーチンとして組み込んでしまえばあとは楽。

 

②中学年になって急に家庭学習をさせようとしてもムリ

小学校に入学して、最初は勉強については何も言われず学校から帰ったら自由に遊ぶだけという習慣がついてしまうと、その後急に「勉強しなさい」と言われても、子どもとしては納得ができず、反発されてしまいます。
また、中学年になると学習内容も難しくなるため勉強する気が失せてしまい、机に向かわせるのがますます難しくなります。

 

③低学年のうちに「学力の土台」をつくっておくべき

小学校1・2年生の国語・算数は、すべての教科の学習の基礎となります。
基礎学力である「読み・書き・計算」がついていないまま中・高学年を迎えてしまうと、勉強についていけなくなってしまいます。
本を声に出してすらすら読む・授業で先生の話をしっかり聞く・正しい持ち方で鉛筆を持つ、などの基本的なことも含めて、低学年のうちに、大学受験にまでつながる「学力の土台」をつくることが大切です。

 

「小学校入学のタイミングを逃してしまった」という方も、焦らず、低学年のうちに毎日机に向かって勉強する習慣をつけていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

小学生の家庭学習を習慣化する方法・3つのポイント

学習習慣は、小さいうちに身に着けておけば、生涯にわたって子どもの生活を助けます。
お風呂に入る・歯を磨くなどの生活習慣と同様に、とくに意識したり好きでやっている訳ではないけれども、やらないと気持ち悪い、なんだか落ち着かない、といったところまで学習習慣が定着するようサポートしてあげましょう。
小学校低学年の子どもに家庭学習を習慣化させる3つのポイントをお伝えします。

 

①親が積極的に関わる

低学年のうちは、親のほうから「さあ、宿題やろうか」などと声をかけ、一緒に取り組む姿勢を見せましょう。
やっている間はできるだけそばに付き添い、困っていたら声をかけてあげましょう。
ただし、答えそのものや解き方を教えるのではなく、ヒントを与えてできるだけ自分で考えさせることが大切です。
また、子どもによってはある程度任せた方がやる気になる場合もあるので、その辺りは見極めが必要。
いずれにしても、困ったときにはいつでも助けてあげられる、できたらほめてあげる、といった、愛情が伝わるスタンスを忘れないことが大事です。

 

②ゲーム的要素を取り入れる

基本的に、勉強してできなかったことが出来る・わかるようになるというのは面白いことのはず。
しかし、子どもが勉強の根源的な面白さに気づくようになるまでは、ゲーム的要素を取り入れて勉強を「楽しい」「面白い」と思わせることも必要。
問題を何分で解けるか親と競争したり、計算ドリルのタイムを計って、「昨日より〇秒はやくなった」など記録に挑戦するのもいいですね。
学校の宿題以外にはクイズやパズルなど、子どもが楽しく取り組めるものを取り入れて習慣化をはかりましょう。

 

③短い時間で集中する

子どもが集中できる時間は短いものです。
だらだらと長時間やるよりは、時間を細かく区切ってインターバルを設けたり、タイマーを使って時間制限をするなど、短い時間で集中できる工夫をしましょう。
またこの時期は、どれだけ勉強したかよりもむしろ学習を習慣づけることを優先に考え、勉強嫌いにさせないことが何より大切。
1日5分でも、毎日集中して机に向かうようにしましょう。

 

最後に

子どものこれからの人生を左右するとも言える、小学校低学年からの学習習慣づくり。
「うちはまだできていない」という方は、ぜひ今すぐ始めてみてくださいね!

 

関連記事:

夏休みは学習の習慣をつけるチャンス !小学生の学習計画のたて方10のポイント

「音読」の効果と目的は?小学生クラスで使用しているおすすめ教材をご紹介

幼児の家庭学習を習慣づけるおすすめの方法:3つのポイント

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA