知育玩具の定番「パターンブロック」、2歳~年中さんクラスでの使い方

「パターンブロック」は、考え抜かれ、さまざまに施された工夫によって、遊びながら自然と図形のセンスが身につく、定番の知育玩具。
アメリカで開発され、日本でも、筑波大学附属小学校など多数の小学校の算数の授業で使用されています。

スポンサーリンク

パターンブロックのスゴさの秘密とは

 


パターンブロック 東洋館出版社

正方形、正三角形、2種類の菱形、台形、正六角形の6種類の図形からなる「パターンブロック」。
色もとっても鮮やかで創作意欲をそそりますが、パターンブロックのすごいところは・・・

●それぞれの辺の長さがすべて同じ約2.5cm(※台形の長い辺のみ2倍の5cm)で、どの形を組み合わせても辺と辺がぴったり合うようになっている!

●すべての角が30度の倍数(30度、60度、90度、120度、150度)でできており、どの角を合わせても180度や360度にしやすいため、簡単に美しい図形が作れる!

六角形 = 台形2個 = 菱形3個 = 正三角形6個
・・・と、ある形を他の形に置きかえることができるため、自由にかたちや模様を作って遊びながら

「正三角形2個で菱形ができる!」

「六角形は菱形3個でできてる!」

など、図形の合成・分解の感覚が自然に身につき、図形構成力が養われるスゴい知育玩なのです。

パターンブロックの取組:2歳児さん~年中さんクラス

 

教室で使用しているパターンブロックはこちら

教室では、2歳児さんから年中さんまでの各学年で、パターンブロックをレッスンに取り入れています。

使用しているのはこちらの商品、「パターンブロック ファーストステップボックス」

パターンブロック ファーストステップボックス 東洋館出版社

 

この商品にはこちらのテキストが付属していますが、

別途こちらの「構成力をのばす パターンブロック タスクカード」を購入して、お手本として使用しています。

構成力をのばす パターンブロック タスクカード

以下で、各学年で取り入れているパターンブロックの取り組みをご紹介します。

2歳児さんクラス;色と形のマッチング

2歳児さんクラスでは、このような枠アリの見本に、同じ色・形のピースを置いていきます。
色・形を手掛かりに、同じピースを見つけてマッチングする=同じ色・形を認識する取組です

一見カンタンそうに思えますが、図形の向きを合わせて置くのは2歳児さんにはけっこう難しい!
また、1つ1つのピースがけっこう小さいので扱いづらく、枠からはみ出ないようピッタリ合わせて置くには、なかなかの集中力が必要になります

年少前さんクラス(2~3歳);図形の合成

1つのピースだけでなく、形と形を合わせて、いろいろなものを作ります。
形の枠が途中で消えているので、どのピースが入るかな?と、考えて置かなくてはなりません。

また、子どもは小さいピースから置いていきがちなので、最後に大きいのが残ると入らない💦

↑最後に六角形が残った・・・

そんな時はうまく他の形と交換して、完成させられるかな!?
(六角形1個を、台形2個と交換など)

年少さんクラス;図形の分割

正三角形、菱形、台形、六角形などの形を、いろんなパターンで作っていきます。

例えば・・・

正三角形3個=菱形+正三角形2個=台形+正三角形

 

菱形4個=正六角形+正三角形2個=台形2個+正三角形

などなど・・・
図形の分解・合成の感覚を身につけていきます。

年中〜年長さんクラス;線対称な図形

真ん中に鏡を置いて映した形=線対称な図形を作ります。
見本の図形の真ん中の、鏡を置くところの線が「対称の軸」です。

「線対称とは・・・」「対称の軸とは・・・」などと理屈で理解をしていなくても、出来上がった形のバランスのとれた美しさや安定感を感じることで、自然に「線対称な図形」に親しむことがねらいです。

最後に

上記で紹介した以外にも、「パターンブロック タスクカード」には、点対称な図形や立体的な図形の見本も含めて、たくさんのお手本が掲載されています。

もちろん、タスクカードなしで自由に模様を作ったり、積み木のように立体的なかたちを作って遊ぶだけでも、自然に図形センスを身につけることができる「パターンブロック」ですが・・・

お子さんの年齢や発達段階に合わせて”課題”を与えてあげることで、さらに図形構成力や空間認識力、集中力、試行錯誤する粘り強さなどを高めてあげられます。
ぜひ、遊びの中に取り入れてみてくださいね!

パターンブロック【東洋館出版社オリジナル・木のおもちゃ・250ピース・取っ手付き堅牢キューブケース入り】

構成力をのばすパターンブロックタスクカード

◆こちらの記事もよく読まれています>>>

関連記事

「面積」の求め方は小学校4年生の算数で習いますが、教室では年中さんクラスで「面積」の考え方の基礎として、「広さくらべ」について学びます。 この「面積」の考え方の基礎は、パターンブロックを使って学ぶことができるのです。 パターンブ[…]