ポピー

幼児ポピー『ポピっこ』の「無料おためし見本」申し込み方法は?

幼児向けの通信教育の教材として評判の幼児ポピー『ポピっこ』。
「おためし購読」という、1ヶ月だけ実際の教材を購入してみることができるシステムもあるのですが・・・

とはいえ、まずは「無料おためし見本」を取り寄せてみよう!ということで申し込んでみましたので、申し込みの方法や、その後の勧誘電話などはあったのか・・・!?などについてお話します。

 

幼児ポピー『ポピっこ』無料おためし見本の申し込み方

まずは、ポピーを編集発行している「全家研」の支部である「さんけん社」サイトにアクセスします。

※さんけん社サイトはこちら月刊教材ポピー

画面上部のオレンジ色の『無料見本お申込み』のボタンを押すと、

 

このような、【無料見本セットの申し込み】ページに行きますので、必要事項を入力していきます。

ちなみに必須の入力項目は、

【お子様の学年⇒送ってほしい「おためし見本」の学年にチェック】
【保護者氏名 】
【住所 】
【電話番号】
【メールアドレス】
の5項目のみ。

 

必要事項を入力して、【さんけん社個人情報保護方針に同意する】にチェックを入れると

このような確認画面が出るので、あとは『送信ポタン』を押すだけ。

結構、あっさりと申込が完了しました!

 

おためし見本は何部請求できるのか!?

無料おためし見本の申し込みページには

『ご請求は、お子さまお1人につき1学年のご請求でお願いいたします。』

且つ、

『おためし見本は一家族様、3名分まで同時に選択できます。』

とありますので、3学年分の請求が可能ということになりますが、

『3名以上のご請求の場合は「備考・ご意見・ご感想」欄にご入力ください。』

との記載もあります。

・・・が、私は今回、幅広く教材の中身を知りたかったので、2・3歳向け『ももちゃん』、3・4歳向け『きいどり』、4・5歳向け『あかどり』、5・6歳向け『あおどり』の4学年分を、備考欄に特に何も記載することなく申し込みました。

「後で怒られたらどうしよう・・・」と多少ドキドキしながら申し込んだのですが・・・
後日、問題なく4学年分の見本が送られてきて、特におしかりを受けることもありませんでしたので、ご参考まで。

 

 「全家研本部」よりも「さんけん社」のほうが申し込みしやすかったので・・・

ちなみに、ポピーのおためし見本は当然、ポピーを編集・発行している全家研(全日本家庭教育研究会)の公式サイトからも請求できますが、今回私は全家研の支部である「さんけん社」サイトから申し込みました。

というのも、「さんけん社」には全家研本部にはない「おためし購読」のシステムがあったり、入会時にもさんけん社オリジナルのプレゼントがプラスアルファでもらえたり等、何かとお得なのですが、

(関連記事:月刊ポピーの申込はさんけん社と公式サイトどっちがお得?支払方法などを比較してみました。

おためし見本」の申し込みページにも違いがあり・・・
全家研本部のサイトの『見本お申し込み(無料)』のボタンを押すと、

いきなりこのような

「おためし見本の内容について」「お届けについて」「価格について」「個人情報の取り扱いについて」などについて書かれた細かーい文字のページが出てきます。

これに【同意する】にチェックすると申し込みフォームが出てくるのですが・・・
「無料おためし見本」の段階でちょっと・・・と勝手にプレッシャーを感じてしまい、結局さんけん社のほうから申し込んだのでした!(余談)

 

おためし見本の中身は

『ポピっこ』のおためし見本の中身は、おもにこんな感じ。

 

幼児ポピー 入会へのご案内

『ももちゃん』『きいどり』『あかどり』『あおどり』それぞれの年間カリキュラム一覧が載っています。

この一覧表は全家研ポピー公式サイトでも見ることが出来るのですが、冊子に4学年分まとめて書いてあると、幼児ポピーの学習の流れ(どの学年でどんなことを学ぶのか?難易度がどのように上がっていくのか?)が見やすいので便利だと感じました。

 

ポピっこ おためし号

本誌の内容を抜粋した、全15ページ(ももちゃん おためし号は全10ページ)のおためし見本。
無料の見本とは思えないしっかりしたつくりで、子どもが少々雑にあつかったり、消ゴムでゴシゴシ消しても簡単には破れたりしなさそう。全学年シールつきで、この見本だけで結構楽しめそうな感じです。

 

家庭教育の手引き(幼児版)

全16ページ、内容は

・幼児の発達段階を知りましょう

・あなたやお子さんは、次のようなことができますか(目安)

・文字や言葉、数の効果的な遊び方

・・・など、子育てに役立つ情報が書かれた小冊子です。

 

おためし見本を取り寄せてみた感想

『ポピっこ』のおためし見本は、実際の教材からの抜粋(年中さん向け『あかどり』・年長さん向け『あおどり』は、「わぁくん」と「ドリるん」の2冊からの抜粋を1冊にまとめたもの)。
なので、ページ数などは違えど実際の教材の雰囲気や問題の感じを知ることができます。

おためし見本を見ての感想は、どの学年もフルカラーでイラストや写真も満載、また問題も線描きや迷路だったり、文字で書くかわりにシールを貼って解答するものなど、”おべんきょう”という感じではなく遊びの延長で楽しく取り組めそう!

問題の難易度のレベルに関しては、それぞれの学年に対してやや簡単そうかな?という印象。
ただ、掲載されている問題が何月号からの抜粋かわからないので、その学年のどの時点でこのレベルの問題が出るのかわからず、何とも言えません。

「入会へのご案内」の冊子に書かれていた各学年のカリキュラムを見て、「この時期にこの内容をやるんだな」という、2歳から6歳までの学習内容の流れを知ることが出來ましたが、やはり実際のレベルを知るには実際の教材を見てみなければ!という感じです。

 

おためし見本を申し込んだあとの勧誘は?

なお、このような無料のおためし見本を請求した場合、「しつこい勧誘の電話がかかってくるのでは!?」と心配になりますが・・・

実際どうだったかというと全くなかった訳ではなく、見本申し込み時に登録していた携帯電話に2回ほど着信がありました。

いずれの場合もたまたま私が仕事中などのタイミングで、あとで着信と留守電に気づいたのですが、こちらから折り返しをしなかったら、その後はかかってきませんでした。

「おためし見本を取り寄せてみたいけど、営業電話がじゃんじゃんかかってきたらイヤだな」とご心配な方も多いと思いますが、向こうも商売ですので(笑)何回かは懸かってくるかもしれません。
しかしスルーしてしまえば、それ以上しつこくはかかってこなかったので、安心して「おためし見本」を取り寄せてみてくださいね!

幼児ポピー『ポピっこ』の「無料おためし見本」申し込みはこちら⇒月刊教材ポピー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA