図形の特徴を”さわって”とらえるエド・インター社のおもちゃがバージョンアップしてた!【さわってあてっこゲーム】

図形認識力をやしなうには、平面的に描かれた図形を”見る”だけでなく実際に”触ってみる”ことで、より深く「かたち」を理解することが大切。

さまざまなかたちの特徴を”さわって”とらえるエド・インター社のおもちゃ、教室では2~3歳児さんクラスのレッスンで取り入れているのですが・・・
このおもちゃがバージョンアップして発売されていたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

エド・インター社『さわってあてっこゲーム』で身につく力

エド・インター社から新たに発売された『さわってあてっこゲーム』は、円・正方形・三角形・六角形、ハート、花、星、さかな、くるまの計10種のかたちの木製ブロックをプレイマットの中に隠し、手の感覚を頼りに、プレートと同じ形のブロック手さぐりで当てるゲーム。
指先の感覚を研ぎ澄まして「触る」ことで、目で「見る」だけよりも、深く形を理解することができます。

 


エドインター さわってあてっこゲーム 

「Touch&Guess」、すなわち”さわって、当てる”が、このおもちゃのコンセプト。
手さぐりで探すのは、目で見て探すときよりもしっかりと各々の形の違いをわかっていないとむずかしいので、必然的に形をよく見て特徴を見つける必要が出てくるのです。

いままで漫然と見ていた「かたち」の、それぞれの構成要素をしっかりと認識して、特徴を正しく捉えることが、図形認識力を高めることにつながります。

また『さわってあてっこゲーム』の説明書に応用編として紹介されているのが、「ヒントを聞いて形さがし」という遊び方。

出題者はプレートを見ながら形のヒントを出し、探す人はヒントを頼りに手さぐりでブロックを見つける、というもの。(例えば、三角形なら「角が3つあるよ」など。)

出題者はかたちを言葉で表現して伝えなければならないので、さらに形をよく観察して、特徴をしっかりとらえる必要が出てきます。

 

旧バージョン『たっちゃんげす』との違い

旧バージョンの『たっちゃんげす』は、円・正方形・三角形・半円・台形・六角形の基本図形と、ハート、花、星、家、人、木、トラック、犬、ねこ、あひるの計16種のブロックが入っていましたが、『さわってあてっこゲーム』では10種類と、6種類も少なくなっています。


森のあそび道具シリーズ たっちゃん げす -Touch&Guess-

一方、『たっちゃんげす』ではブロックを木のボックスに入れて遊ぶため、手さぐりで当てるのが同時に最大2人しかできなかったのが、『さわってあてっこゲーム』ではプレイマットの下に隠して遊ぶ形式になっており、最大4人で同時に遊べるように。
形をたくさん探し当てた人が勝ち!というゲーム形式で遊ぶことができるようになっています。

付属のブロックが16種→10種と減ってしまったのが残念ですが・・・
10種がすぐにわかるようになってきたら、おうちにある平面パズルや積み木なども混ぜて、いろいろな形で遊んでみましょう。

 

最後に

平面的に描かれた図形を見るだけでなく実際に触ってみる、また形の特徴を言葉で説明してみることで、より深く「かたち」を理解することができる『さわってあてっこゲーム』。

2歳児さんくらいから、プレートとブロックで「型はめパズル」として遊んだり、プレートを並べて配置をおぼえる「記憶遊び」など、いろんな遊び方ができるおもちゃです。

おうちで知育

エド・インター社の『たっちゃんげす』は、円・正方形・三角形・半円・台形・六角形の基本図形と、ハート、花、星、家、人、木、…

 

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"