【木製ジオボード】は久々に即買いした知育玩具。くもん「わごむパターンボード」には無いものがついている!

くもんの「わごむパターンボード」は、ボードのピンに輪ゴムをかけ、模様をつくって遊ぶ定番の知育玩具。
指先の巧緻性を高めながら「図形感覚」もやしなうことができるので、教室では2歳児さん~年少さん・年中さんクラスまで幅広く取り入れています。

このくもん「わごむパターンボード」に唯一足りない(と私が感じていた)ものがついている商品『木製ジオボード』。
この商品を発見したのはつい最近なのですが、知ってすぐに即買いしました!

くもんの「わごむパターンボード」同様、指先の巧緻性を高めたり図形に親しむのはもちろん、「見本を見ながら同じ模様を作ることで”座標軸上の位置”を理解する」ことができるのが『木製ジオボード』のポイントです。

『木製ジオボード』と『わごむパターンボード』を比較

くもん『わごむパターンボード』とは


くもん わごむパターンボード RB-11

くもん『わごむパターンボード』には、以下のものがセットで入っています。

・ボード2種類:19ピン、81ピン。※ボードのサイズは15×15cm

・お手本カード:それぞれのボード用に各15枚・裏表両面で30パターン(全30枚・60パターン)

・カラーの輪ゴム:90本(6色・9種類)

くもんの『わごむパターンボード』は、輪ゴムをかけるボードが2種類入っていて、お手本もそれぞれのボード用に30パターンずつ、計60パターンあるので難易度が調整でき、幅広い年齢で使えるのがポイントです。

お手本カードはボードに差し込んで使うようになっていて、お手本の上にそのまま輪ゴムをかければ同じ模様ができあがります。

そのため2~3歳児さんクラスで、指先の巧緻性や集中力を高めたり、さまざまな形に親しむ目的で使うのにピッタリ。

一方で、年少さん以上で「座標上の位置」の理解(たての列とよこの段の交わるところで位置を特定する)を目的として、座標軸つきのお手本を見ながらボードの同じ位置に同じ形を作る取組をしたかったのですが・・・
座標軸つきのお手本は、付属のガイドブックに19ピンで4パターン、81ピンで2パターン載っているのみ。

 

そのため、座標軸つきのお手本を自分で作成して使っていました。

この「座標軸」つきのお手本が少ししかないところが、私的には『わごむパターンボード』唯一の残念なポイントだったのです。

※関連記事:くもん『わごむパターンボード』で、「巧緻性」「図形感覚」から、手作り台紙で「座標上の位置」まで

おうちで知育

くもんの『わごむパターンボード』は、ボードのピンに輪ゴムをかけ模様をつくって遊ぶおもちゃ。 2013年の日本おもちゃ大賞…

『木製ジオボード』とは

一方、今回この商品を知って即買いした『木製ジオボード』。


D-FantiX 木製のジオボード

『木製ジオボード』の中身は、以下のとおり。

・木製ボード(8×8の64ピン)1枚

ピンの数は、「わごむパターンボード」の81ピンよりも1列少ない8×8の64ピン。
ボードのサイズはくもんよりやや大きめ、18×18cmです。

・輪ゴム(赤・青・黄・緑)大小 計40本

※ちなみに細かく数えてみたら、赤(大6・小7)、青(大1・小2)、黄(大8・小8)、緑(大5・小3)とかなりバラバラでした。
ちゃんと数えて入れられてるかどうかは疑問です・・・。

・お手本カード30枚+無地(座標軸のみ)のカード5枚

この「お手本カード」が、今回この『木製ジオボード』を私が即買いした理由。
これで、座標軸付きのお手本を手作りしなくても、「座標軸上の位置」を意識するための取組ができるように!!

なお1つだけ想定外だったのは、お手本カードがかなり小さいこと!(約6.4×6.4cm)
小さい子が使う際には原寸大に拡大コピーして使うほうが良いかもしれません。

『木製ジオボード』でできること。

教室のレッスンでは、空間認識力に関わる力として、まずは2歳児さんくらいで「上・下」「左・右」などの概念を理解するところからはじまり、次に「上から2番目」「右から3番目」などの理解、そして「一番上の段の左から2番目」など、2つの軸を掛け合わせた「座標上の位置」を理解できるようにしていきます。

最終的には、座標軸上の位置を言語化できるようになること、つまり“客観的な表現(誰が聞いても正確に伝わる)で位置を伝えられる”ようになることを目指していきます。

『木製ジオボード』では、例えば下の写真(チューリップの形)のお手本であれば、「まず青いゴムを、下から2段目のいちばん左のピンから、右から2番目のピンまでかけて・・・」のように、お手本カードを見ながら同じ形をボードに作ることで「座標上の位置」を意識しながら、輪ゴムをかける位置を考える取組になります。

最後に

座標軸上の位置を理解するためには、普段から「あそこから、アレとって~」などと指示語で会話するのではなく、「たんすのいちばん上の右から2番目の引き出し」など、できるだけ空間認識に関する表現を日常会話に取り入れることを意識することがまずは大切。

その上で、この『木製ジオボード』のような、「座標軸上の位置」を意識するための取組を、遊びの中に取り入れていくことも有効です。

D-FantiX 木製のジオボード