CATEGORY

【おうち知育のヒント】かたち

「図形が苦手」な子どもにしないために。おうちでパズルや積み木に取り組む時に意識したい3つのポイント

「うちの子は私に似て図形センスがない・・・」というお母さまの声をよく聞きます。 しかしながら、『図形センス』は生まれながらのものだからどうしようもない、という訳ではありません。 幼少期にいかに積み木やパズル等の図形的刺激に触れたか、すなわち「経験」が大きくモノを言うのです。 『図形センス』を育むべく […]

「大小の比較」の概念~”3ばんめに大きいもの”はどれ?でつまづきやすいポイント

「大きい-小さい」「多い-少ない」「長い-短い」「重い-軽い」などの”量”の比較は、幼児期に身に着けておきたい概念のひとつ。 この中の「大・小の比較」に関連して、3歳児さん〜年少さんクラスのレッスンでは、「○ばんめに大きいもの」を見つける取組をしますが、この取組にはいくつかのポイントがあります。 今 […]

「積み木の数」の数え方:間違いやすいパターンとオススメの数え方は?

小学校受験でも出題される「積み木の数」。 平面図で描かれた積み木の数がいくつあるかを数える課題ですが、見えないところにも積み木があり、それを正しく数えられるかが問われます。 積み木の数え方にもいくつか方法がありますが、子どもたちが間違えがちなパターンを踏まえて、レッスンで教えているおすすめの数え方を […]

「線対称」に親しむ取り組み。3歳~6歳のレッスンで取り入れている4種。

「線対称な図形」とは、1本の線(対称の軸)で2つに折ったときに両側がぴったり重なる形のこと。 線対称は小学校6年生の算数で習いますが・・・ ”算数のお勉強”ではなく”楽しいお遊び”として取り組める幼児期のうちに、自然に「線対称」に親しんでおくことが出来たらすばらしいですね。 そのため教室では年少~年 […]

『ペントミノ』で図形センスをやしなう取り組み

「ペントミノ」とは、正方形を5個つなげてできる形のことで、ぜんぶで12種類しかありません。 この12種類の形「ペントミノ」を使って図形センスをやしなう取り組みをご紹介します。 「ペントミノ」12種類はこの形 上で述べたとおり、「ペントミノ」とは、正方形を5個つなげてできる形のこと。 ※ちなみに、正方 […]