CATEGORY

【おうち知育のヒント】かず

なんちゃってプラステン!?100均材料で巧緻性を高める「棒さし」を手作り

穴のあいたものを棒やひもに”通す”作業は、指先の器用さや集中力ををやしなう遊びのひとつ。 特に、固定された棒にリングを通していく「棒さし」遊びは、リングのサイズが大きいもので少ない数から始めれば、1歳児さんから遊べます。 だんだんサイズを小さく・数も増やしていくことで難易度を上げ、「かず」の基礎概念 […]

幼児期のうちに、算数の基礎となる「かず」概念の”基本のき”をおはじきで学ぼう

数の概念の基礎から、小学校で習うかけ算・わり算の考え方まで・・・ おはじきは、「かず」を学ぶのに必要不可欠なものです。 今回は、”おはじき”を使って学ぶ「かず」の概念、”基礎の基礎”をご紹介します。 スポンサーリンク 「おはじき」で学ぶ数概念の基礎6種   ①正しく数える~計数 あらかじめ […]

「数」の概念を学ぶときに子どもがつまずきがちな言葉とは?

幼児期に新しい概念を学ぶときに、理解の過程で「ことば」が原因でつまずいていることが良くあります。 お子さんがいくら教えてもなかなか概念を理解できないという場合、もしかしたら「ことば」の意味が分かっていないことがネックになっているのかもしれません。 その場合は、子どもにもわかりやすい表現に置き換えてあ […]

3歳からできる足し算・引き算の基礎~「数の構成」あそび

足し算や引き算の基礎となる『数の構成』とは、ある数がいくつといくつで出来ているか(いくつといくつに分けられるか)ということ。 たとえば5は「1と4」、「2と3」、「5と0」に分けられます。 つまり、5は4と1に分けられる = 4と1で5になる= 「4+1=5」 また、4はあと1あれば5になる = 4 […]

「数の多少の比較」を学ぶ2〜3歳児さん向けの取り組み2種

ちがう種類のもの同士で「どちらの数が多いか」をくらべるのは、これから数の概念を理解していく2~3歳児さんにはむずかしい場合があります。 ゾウ1頭とアリ1匹ではどちらも「1」ですが、見た目の大きさにとらわれて、どちらも同じ「数」であるということがわからなくなってしまいがちです。 たとえ色やかたち、大き […]