TAG

小学校受験

『異図形発見』と『同図形発見』、3歳児さんが間違いやすいパターン。

小学校受験でも出題される『異図形発見』や『同図形発見』の問題。 いくつかの選択肢の中から、1つだけ他と違うものを見つけたり、見本と同じものを見つける課題です。 細かな違いを見わける照合能力や注意力・観察力・全体把握力などが問われます。 教室では3歳児さんクラスのレッスンでも行います。 いわゆる「まち […]

小学校受験で出題される「お話の記憶」で問われるのは記憶力だけじゃない

小学校受験で出題される「お話の記憶」。 先生のお話やテープの音声を聞いて、その後にお話の内容についての質問に答えるという課題です。 「お話の記憶」という言葉のとおり”記憶力”が求められますが、問われるのは記憶力だけではありません。 スポンサーリンク 「お話の記憶」で問われる力とは もちろん、聞いたお […]

「積み木の数」の数え方:間違いやすいパターンとオススメの数え方は?

小学校受験でも出題される「積み木の数」。 平面図で描かれた積み木の数がいくつあるかを数える課題ですが、見えないところにも積み木があり、それを正しく数えられるかが問われます。 積み木の数え方にもいくつか方法がありますが、子どもたちが間違えがちなパターンを踏まえて、レッスンで教えているおすすめの数え方を […]

「線対称」に親しむ取り組み。3歳~6歳のレッスンで取り入れている4種。

「線対称な図形」とは、1本の線(対称の軸)で2つに折ったときに両側がぴったり重なる形のこと。 線対称は小学校6年生の算数で習いますが・・・ ”算数のお勉強”ではなく”楽しいお遊び”として取り組める幼児期のうちに、自然に「線対称」に親しんでおくことが出来たらすばらしいですね。 そのため教室では年少~年 […]

すべての学習の基礎となる「聞く力」のトレーニング~『きくきくドリル』

教室では年少さん~小学生クラスのレッスンで、「聞く力」のトレーニングを行っています。 その際に使用しているのが、こちらの『きくきくドリル』。 テキストに付属しているCDを聞いて、耳からの情報をもとに課題を行います。 (※写真は、教室で使用している旧バージョンで、現在は改訂版が出ています。) 短い文や […]