【オススメ知育玩具・おもちゃ】

”天才のはじまり”GESTAR(ジスター)はコスパ良!いろいろ使えて長く楽しめる知育玩具。

”天才のはじまり”と名づけられた知育玩具GESTAR(ジスター)は、切り込みの入った丸いパーツ同士をつなぎ合わせて立体物を構成していくことで創造力を伸ばすことができるおもちゃ。 ・・・・と聞くと、同じような形態の知育玩具ロンディが思い浮かびます。 ロンディ ジスターもロンディと同様、創造力を働かせて…

【オススメ知育玩具・おもちゃ】かず

『プラステン』で”かず”の概念をやしなう遊び方5つ

知育玩具の定番「プラステン」は、5本の棒に、5色×10個・計50個のリングを通して遊ぶおもちゃ。 プラステン リングを指先でつまんで棒に通していく動きは、指先の巧緻性を高め集中力をやしなってくれます。 また棒に通すだけでなく、付属のひもで「ひもとおし」をしたり、同じく付属のサイコロを使ってゲームをし…

【おうち知育のヒント】かず

3歳からできる足し算・引き算の基礎~「数の構成」あそび

足し算や引き算の基礎となる『数の構成』は、ある数がいくつといくつで出来ているか(いくつといくつに分けられるか)ということです。 たとえば5は「1と4」、「2と3」、「5と0」に分けられます。 つまり、5は4と1に分けられる = 4と1で5になる= 「4+1=5」 また、4はあと1あれば5になる = …

【おうち知育のヒント】かず

百玉そろばんを使った「繰り上がり」「繰り下がり」のやり方

繰り上がりのある足し算は、10を作る考え方を使います。また繰り下がりのある引き算では、1の位からは引けないので10から引き、残った数と1の位の数を合わせて答えを出します。 「百玉そろばん」は玉が10個ずつでひとまとまりになっているため、繰り上がりのある足し算・繰り下がりのある引き算を理解するのにピッ…

【おうち知育のヒント】かず

足し算と引き算の基礎となる『数の構成』を、サイコロあそびで定着させる

「サイコロ」は、さまざまな数の概念を学ぶのにピッタリの身近なツールです。 普通にすごろくなどのゲームでサイコロを使うだけで、「目の数を数える(計数)」、「”ぜんぶでいくつ”がわかる(基数性の理解)」、「ぱっと見で数がわかる(数の量感をつかむ)」など、数概念の基礎の力を高めてくれます。 教室でも、サイ…