おうちでできる知育のヒント【かたち】

幼稚園受験ではこんな『図形』の問題が出る。

幼稚園受験の『図形』の問題で問われるのは特別なことではなく、月齢に見合ったことがしっかりとできるかどうか。 かといって、何もしないで放っておけば自然にできるようになるというわけではありません。 普段の生活や遊びをとおして、今の月齢にふさわしい力をしっかり身に付けていくことが必要となります。 スポンサ…

コメントなし

「図形が苦手」な子どもにしないために。おうちでパズルや積み木に取り組む時に意識したいポイント

「うちの子は私に似て図形センスがない・・・」というお母さまの声をよく聞きます。 しかしながら、『図形センス』は生まれながらのものだからどうしようもない、という訳ではありません。 幼少期にいかに積み木やパズル等の図形的刺激に触れたか、すなわち「経験」が大きくモノを言うのです。 『図形センス』を育むべく…

コメントなし

「大小の比較」の概念~”3ばんめに大きいもの”はどれ?でつまづきやすいポイント

「大きい-小さい」「多い-少ない」「長い-短い」「重い-軽い」などの”量”の比較は、幼児期に身に着けておきたい概念のひとつ。 この中の「大・小の比較」に関連して、先日の年少さんクラスのレッスンで「3ばんめに大きいもの」を見つける取組をしました。 このように、四つの絵の中から「三番目に大きいもの」を選…

コメントなし

積み木の選び方~「長く使える」積み木選びのポイントとは

積み木は子どもの代表的なおもちゃであり、積み木あそびをとおして創造力や表現力、空間認識力や図形センスなど、さまざまな力を育むことができます。 子どもの発達に準じた積み木の遊び方や、その年齢にふさわしい積み木もありますが、「長く使える」積み木選びのポイントを押さえて選べば、年齢に応じて遊び方を変えてい…

コメントなし

「たなばた」で知育:2歳でもカンタン!折り紙だけで作れる七夕かざり

7月7日は「七夕(たなばた)」ですね。 おうちで、2歳児さんでもカンタンにできる七夕かざりを作りながら「知育」してみませんか? スポンサーリンク   Contents1 2歳でもカンタンにできる「たなばたかざり」で知育1.1 1.「しかく」でつくろう1.2 2.「さんかく」でつくろう1.3…

コメントなし

「積み木の数」の数え方:間違いやすいパターンとオススメの数え方は?

小学校受験でも出題される「積み木の数」。 平面図で描かれた積み木の数がいくつあるかを数える課題ですが、見えないところにも積み木があり、それを正しく数えられるかが問われます。 積み木の数え方にもいくつか方法がありますが、子どもたちが間違えがちなパターンを踏まえて、レッスンで教えているおすすめの数え方を…

コメントなし

「線対称」に親しむあそび

「線対称な図形」とは、1本の線(対称の軸)で2つに折ったときに両側がぴったり重なる形のこと。 線対称は小学校6年生の算数で習いますが・・・ ”算数のお勉強”ではなく”楽しいお遊び”として取り組める幼児期のうちに、自然に「線対称」に親しんでおくことが出来たらすばらしいですね。 そのため教室では年少~年…

コメントなし

『ペントミノ』をつくろう~図形感覚と「思考の柔軟性」

『ペントミノ』とは、正方形を5個つなげてできる形のこと。 (ちなみに、正方形2つでできる形は「ドミノ」、3つは「トリオミノ」、4つだと「テトロミノ」です。) 正方形を5個つなげてできる形は12種類しかありません。 この12種類のブロックを使った有名なパズルの1つが『カタミノ』ですが・・・ カタミノ …

コメントなし

2歳でもできる折り紙「こいのぼり」の折り方と、一緒に学びたい基礎概念

5月5日は「こどもの日」。 おうちに飾ったり、園の製作で子どもが作ってきたこいのぼりを見て、「色」や「数」、「大きさ」の違いや、上・真ん中・下などの「位置」に気づくことは、幼児期に身につけておきたい基礎概念を学ぶチャンスです。 「いちばん上の、黒くて大きいコイがお父さんのコイだよ。」などと話をしなが…

コメントなし

図形の基本「直角二等辺三角形」で遊ぶ

「直角二等辺三角形」は、2つで三角形・正方形・平行四辺形、3つで台形が作れる等、図形の基本となる形です。 そのため、くもんの『NEWたんぐらむ』や『図形モザイクパズル』など、「直角二等辺三角形」をベースにしたパズル類はたくさんあります。 くもん NEWたんぐらむ くもん 図形モザイクパズル 今回はそ…

コメントなし

空間認識力を高めるカラー積み木の遊び方

立方体積み木は図形センスを高めてくれる知育玩具ですが、色のついていない白木のものではなくカラーの立方体積み木を使うことで、図形センスだけでなく、空間を捉え「位置」を理解する力を高める遊び方ができるのです。 今回は、カラー積み木を使って空間認識力を高める遊び方を2つ、ご紹介します。   Co…

コメントなし

タングラムがなくても・・・折り紙パズルで図形構成力を養う

「タングラム」という有名な図形パズルがあります。 正方形を7つのピース(三角形5つ・正方形1つ・平行四辺形1つ)に分割したもので、このピースを組み合わせてさまざまな形を作るパズルです。 くもん出版の「NEW たんぐらむ」のように、木製のパズルとお手本がセットになった商品もありますが・・・ くもん出版…

コメントなし

「立方体積み木」おすすめの遊びかたで図形センスを養う

図形センスを養う遊びとして、積み木あそびは欠かせません。 たとえばこんな平面図を見て、積み木がいくつあるかがわかるか? 隠れたところにも積み木があることをイメージできるか? ・・・これらは、幼児期にいかにたくさんの図形的刺激に触れたか?に大きく関わってきます。 ぜひ、楽しく遊びながら図形センスを身に…

コメントなし