【おうち知育のヒント】かたち

「線対称」に親しむあそび

「線対称な図形」とは、1本の線(対称の軸)で2つに折ったときに両側がぴったり重なる形のこと。
線対称は小学校6年生の算数で習いますが・・・
”算数のお勉強”ではなく”楽しいお遊び”として取り組める幼児期のうちに、自然に「線対称」に親しんでおくことが出来たらすばらしいですね。

そのため教室では年少~年長さんまでのレッスンで、「線対称」に親しむさまざまな取組しています。
今回は、レッスンで取り入れている「”線対称”に親しむ遊び」をご紹介します。

スポンサーリンク

 

私がレッスンで取り入れている、「線対称」に親しむ遊び3つ

①切り紙

教室では2歳児さんクラスから、「はさみ」を使った取組をはじめます。
2~3歳さんのうちは、「はさみ」を上手に使うことで指先の巧緻性を高め、脳を活性化することが主な目的ですが、年少さんクラス以上では、紙を折って切ることで「線対称な図形」を作っていきます。

最初は2つ折りからはじめて、4つ折り・6つ折り・8つ折りと、折る回数を増やしていくことで、どんどん複雑なかたちに・・・
年少さん・年中さんではこのような切り紙のドリルを使っていろんな形を作ります。


頭がよくなるきりがみドリル (脳元気!)

年長さんでは折り紙を使って、「こんなふうに折って切ったらどんな形ができるかな?」また逆に、「こんな形を作るには、どんなふうに折って切ったらいいのかな」を考えることで、理解を深めていきます。

 

 ②パターンブロック

知育玩具の定番「パターンブロック」を使って「線対称な図形」を作ります。

パターンブロックP250 ([バラエティ])

このように、お手本の片側にブロックを置いて、残り半分に、線対称になるようにブロックを置かせます。

理屈で考えなくても感覚的にバランスよく美しくブロックを置いていくと、「線対称な図形」に。

何ならお手本を使わず自由に好きな形を作っていったとしても、自然に『シンメトリー(左右対称)』な図形が出来上がることも多いでしょう。

左右対称のバランスのとれた美しさや安定感というものを、何も教えられなくても子どもたちも自然に感じているのでしょうね。

 

③シール貼り

レッスンでは、「線対称な図形」とともに「線対称の位置」の取組も行います。

方眼上にシールを貼った紙を真ん中で折った時に、シールが重なる位置はどこかな?
・・・などと聞いても幼児さんの場合イメージがわきにくいので・・・

方眼の描かれた紙を食パンに見立てて、シールを「ジャム」とします。
「ジャムをつけた食パンを真ん中ではんぶんに折ったら、ジャムはどこにくっつくかな?」と言うと、断然イメージがしやすくなります。

そこで、「ジャムがくっつくところ」にシールを貼らせます。
感覚的に、「折ったところから同じだけ離れたところ」にジャムがくっつくことがわかるかな?

*折ったところのすぐ隣→反対側のすぐ隣にくっつく。
*折ったところから一番遠いところ→反対側の一番遠いところにくっつく。

そのうえで、「真ん中で折ったときにジャムがくっついてできた形」と、「真ん中に鏡を置いて、映してできた形」が同じであることも、実際に鏡に映して確かめてみます。

このようにしてできた形は「線対称な図形」になります。

 

他にも、年長さんクラスでは、鏡と2つのブロックを使って見本と同じ模様をつくる「ミラーゲーム」で、「線対称な図形」と「対称の軸」の理解を深めていきます。
関連記事:線対称の図形に親しむおもちゃ~ゴンゲ社『ミラーゲーム』

 

最後に

「線対称な図形」というとなんだか難しく感じますが、遊びの延長線上で自然に「線対称な図形」に親しむことができます。ぜひおうちでも取り組んでみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA