【おうち知育のヒント】かず

幼児さんでも数概念の理解から足し算の練習までできる遊び、「すごろく」

「すごろく」は、楽しく遊びながらいろんな能力を養うことができる優れたゲームです。
すごろく遊びをとおして、「最初に決めた順番どおりに行う」「サイコロを転がして出た目の数だけすすむ」などのルールを理解する力や、ルールを守って遊ぶという社会性が身につくだけでなく、『かず』の基本の理解から、遊び方を工夫すれば足し算の練習もできてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

「すごろく」遊びで学べる『かず』の力

 

①数をかぞえる、「ぜんぶでいくつ」を学ぶ

サイコロの目を読むことで、正しく数を数える(計数)・”ぜんぶでいくつ”がわかる(基数性の理解)の力をやしなうことができます。

最初は1~3くらいまでしかぱっと見で目の数が読めなかったお子さんも、遊びながら何度も繰り返し数えていくうちに数の量感をつかみ、「これは6」「これは5」と大きな数もぱっと読めるようになってきます。

はじめは、お子さんが理解出来ている数の範囲でゲームができるように工夫をしましょう。
理解できるのが3までであれば、目が1~3までしかないサイコロを手作りするのがおすすめです。
立方体の積み木に、100均で売っている丸いラベルシールを貼れば簡単に作れます。
3までがぱっとわかるようになれば、次はふつうの6までのサイコロで遊びましょう。

 

「合わせていくつ」(足し算)を学ぶ

サイコロを2つ使って、出た目の合計の数ですごろくゲームを行います。
数の合成(合わせていくつ)=足し算のトレーニングが遊びながらできてしまいます。
たとえば「●●(2)」と「●(1)」の目が出たら、●●と●を合わせて●●●、つまり2+1=3です。

最初は「合わせていくつ」の意味がわからず、「●●」と「●」を「いち、に、いち」と数えてしまったりしますが、徐々に、「いち、に、さん」と一緒に数えればよいことがわかってきます。

計算ドリルなどと違い、ゲームでたのしく遊びながら、自然に何回もくりかえし足し算の問題を解いていることになります。

 

③数を抽象化する(足し算の暗算)

次のステップでは、2つのサイコロのうちの1つを、●ではなく数字が書いてあるものにしてみましょう。(目のかわりに数字が書かれているサイコロもあまり売られていないので、無ければ手作りしましょう)

ふつうに目の書いてあるサイコロと数字のサイコロ、この2つを使うことにより、●(=具体物)と数字(=抽象物)で数の合成(足し算)をすることになります。

たとえば、「5」と「●●」が出たとします。「5と●●でいくつ??」

「5=●●●●●」と認識し、実際にはない●を頭の中でイメージして、サイコロの「5」の字の上に指をあてて「いち、に、さん、し、ご」と数えたあと、続いて「●●」を「ろく、しち」と数えて、「あわせて7」とわかるようにしていきます。

さらに、何度もサイコロを振っているうちに、数字の上に指を当てて数えなくても、頭の中で「5(=●●●●●)」と「●●」を一緒に数えて、「あわせて7」がわかるようになれば素晴らしいです。

もし「数字」→「●の数」への変換がうまくできない場合は、数字の分のおはじきを使って、「数字」と「おはじきの数」や「●の数」が同じ意味だということを理解していきましょう。

具体物と数字を結びつける経験をたくさんすることで、数の抽象化がすすみます。

スムーズにできるようになれば、2つとも数字のサイコロを使ってやってみましょう。

また、2つのサイコロを使って引き算の練習をすることもできます(大きい数から小さい数を引く)。

スポンサーリンク

 

すごろく遊びのいいところは他にもある!

すごろく遊びのいいところは、「数」に親しむことができるだけではありません。
すごろくの勝ち負けはサイコロの目すなわち”運”のみで決まりますので、ママやパパが手加減してあげなくてもお子さんが勝つことができますし、逆に手加減できないので、負けるときは容赦なく負ける、という点でもあります。

小さなお子さんが相手だとついつい勝たせてあげたくなりますが・・・
”負ける”体験は大事です。

負けたのが悔しくて大泣きしたり、逆に、負けるのがイヤだからやらない、とか途中でやめてしまう子もいますが、まずは悔しい気持ちに寄り添い共感してあげつつ、次にまたがんばれるように励ましてあげることが大事です。

自分が勝つことも負けることもあるし、パパやママも負けることもある。
そんな経験をたくさんすることで、それを受け入れつつ「次またがんばろう」と気持ちを切り替えることができるようになっていきます。

 

最後に

幼児さんが数の概念を身につけるためには、日常生活の中で具体的なモノを数えたり、比べたり、分けたり・・・といった「数」に触れる場面をたくさん作ってあげることが大切ですが、それと同時に、「すごろく」のように、遊びにも「数」をうまく取り入れてあげられると良いですね。

関連記事:

足し算と引き算の基礎となる『数の構成』を、サイコロあそびで定着させる

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA