百玉そろばんを使った「繰り上がり」「繰り下がり」のやり方

繰り上がりのある足し算は、10を作る考え方を使います。
また繰り下がりのある引き算では、1の位からは引けないので10から引き、残った数と1の位の数を合わせて答えを出します。

「百玉そろばん」は玉が10個ずつでひとまとまりになっているため、繰り上がりのある足し算・繰り下がりのある引き算を理解するのにピッタリのツールです。

もしお子さんが算数で「繰り上がり」「繰り下がり」につまずいているなら、いちど百玉そろばんを使って理解を促してみてはいかがでしょうか。

①「百玉そろばん」を使った、繰り上がりのある足し算の方法

9+5の場合、9はあと1で10になるから、5から1をもらって10をつくります。
出来た10と、5から1をあげた残りの4を合わせて、答えは14となります。

これを「百玉そろばん」で実際に玉を動かしながらやってみると、以下のようになります。

①百玉そろばんの最上段の左端に9、その下の段の左端に5を作ります。
最上段の右端には玉が1個残っています。(つまり、9はあと1で10になります。)

②最上段の右端の1個を借りてきます(左端に寄せて、10を作ります)。
借りた分を、5のほうから返します。(5から玉を1個、右端に戻します。)

③すると、最上段は9と1で10、上から2段目は5から1を取って4になり、全部で14となります。
つまり、9+5=14です。

②「百玉そろばん」を使った、繰り下がりのある引き算の方法

13-8の場合、1の位の3から8は引けないので、10から8を引いた残りの2と、1の位の3を足した5が答えとなります。

これを「百玉そろばん」を使ってやってみます。

①まず13を作ります。最上段が10、その下の段が3(一の位)となります。

②最上段の10から8を引く(右端に戻す)と、2が残ります。
(一の位のほうから順に8を引いていくのではなく、十の位のほうから引きます。)

③その下の段(一の位)の3と合わせると、全部で5となります。
つまり、13-8=5です。

③「百玉そろばん」を使った、10の構成(合わせて10)のインプット

上記の①②で、百玉そろばんを用いて繰り上がりのあるたし算・繰り下がりのある引き算の理解をうながす方法をご紹介しましたが・・・

最終的には百玉そろばんなどの具体物を使わずに、頭の中でこれらの数の操作を行うことができるようにならなければなりません。

そのためには、「合わせて10」になる数の組み合わせ(10の構成)がぱっとわかるようにインプットされていることが必須となります。

そこで、百玉そろばんを用いて「合わせて10」(10の構成)を視覚的にインプットする方法をご紹介します。

 

①まずは百玉そろばんで「10の階段」を作ります。玉をすべて右に寄せます。


②上から1段目は1つだけ左に寄せます。
2段目は2つ、3段目は3つ・・・・10段目は10個全部を左に寄せます。

これで、「10の階段」が出来ました。


③次に1段目から、「1と9で10」と言いながら、左端と右端の玉を両手で真ん中に寄せて合体させます。

同様に、2段目「2と8で10」、3段目「3と7で10」・・・10段目「10と0で10」まで行います。

実際に玉が合わさって10のかたまりが出来るイメージが、頭の中で数を操作する基礎になります。

最後に

お子さんが繰り上がりのある足し算・繰り下がりのある引き算につまずいている場合は、繰り上がり・繰り下がりのやり方の仕組みが理解できていないか、「合わせて10(10の構成)」がぱっとわかるまでインプットされていないかのどちらか。

もし、やり方がしっかりと理解できていない場合は、百玉そろばんを用いた①②の方法でしっかり理解をうながし、10の構成が定着していない場合は、③の方法で視覚的にインプットをしてあげてくださいね。

*こちらの記事もよく読まれています>>>

『百玉そろばん』オススメの使い方は?私が2〜6歳のレッスンで行っている効果的な使い方をご紹介します。

おうちで知育

『百玉そろばん』は、目に見えない”数”という抽象的なものを、具体的に目に見えるものと結びつけることで、数概念の理解をうな…

百玉そろばんで数の概念を育てるならインプットだけで終わらせない!理解の確認と定着を図るアウトプットの方法。

関連記事

”数”という抽象的なものを具体物と結びつけることで、幼児さんが数概念を理解するのに有効な教材『百玉そろばん』。 私自身、2歳児さんから小学生まで、幅広い学年のレッスンで『百玉そろばん』を活用しています。 以前、別の記事で、私が2[…]

『百玉そろばん』おすすめ:2歳児~小学生のレッスンで使用している3種+1

関連記事

『百玉そろばん』は、実際に指で玉を動かして”数唱(数を唱える)”や”計数(数を数える)”の練習をしつつ、数の量感をつかむことのできる定番の知育玩具です。 各社からさまざまな百玉そろばんが発売されているので、どれを買ったらいいのか迷われ[…]