巧緻性を高める「ひもとおし」は、“系列”も意識して

巧緻性を高め、脳を活性化するあそびとしてポピュラーなものが「ひもとおし」。
ひらすらひもを通して遊ぶだけで、指先の器用さをやしない脳を活性化してくれる「ひもとおし」ですが・・・・

ただ好きなようにひもを通すだけではなく、「きまりにしたがって順序よく」を意識して行うことで、さらに発展させた知育あそびになります。

スポンサーリンク

 

ひもとおしを使った『系列』あそび

ただひたすらひもをとおして遊ぶひもとおしの教材にはさまざまなものがあります。
大きさ(ひもの通しやすさ)がレベルに合っていれば使うものは何でもOKですが・・・

ひもとおしの教材や遊び方を工夫することで、”さまざまなものの中から「法則」(パターン)を発見し、その「法則」を応用して課題を解決する力”につながる「系列」遊びに発展させることが出来ます。

1.「色」の系列

DSC_0613

『赤・青、赤・青・・・・』や『赤・青・黄、赤・青・黄・・・・』など、2色や3色の繰り返しのパターンでひもを通した見本をあらかじめ作っておき、見本と同じようにひもとおしをします。

見本を見ながらでもOKですが、繰り返しのパターンを憶えてできればなおGOOD!
見本と同じ順番でひもとおしをしていくことで、自然と色の”繰り返し”を意識することになります。
出来上がったものを見て、繰り返しのパターンの美しさ・面白さを感じることも大事です。

少しずつ難易度を上げて、『赤・赤・青・青、赤・赤・青、青・・・』や『赤・青・黄・赤、赤・青・黄・赤・・・』などの難しいパターンに挑戦してみても良いですね。

ちなみに、写真は七田の教材『くまのひもとおし』。
赤、青、黄、緑、紫、オレンジの六色が入っていて、いろいろなパターンでひもとおしをすることができます。

☆七田式教材☆ くまのひもとおし☆★

2.「かたち」の系列

DSC_0615

いろんな形(基本図形)のビーズを使い、形の並びをパターン化して、ひもとおしをしていきます。
「まる・さんかく・しかく・・・」など、かたちの名前を言いながらひもとおしをすることで、図形の名称に親しむこともできます。

かたちによって、持ちやすさ・ひもの通しやすさ・置いたときの安定感などの違いを感じたりすることで、それぞれのかたちの特徴を認識することにもつながります。

Hape(ハペ) ストリング アロング シェイプ

3.「大小」の系列

DSC_0614

大・中・小など、大きさの違うビーズを使います。
『大・小、大・小・・・』の2つの繰り返し、『大・中・小、大・中・小・・・』の3つの繰り返しなど、繰り返しのパターンを意識するとともに、大小の比較の概念の理解にもつながります。

2歳位のお子さんだと、大きいほう・小さいほうを区別することは出来ても「大きい・小さい」という言葉に結びついていない場合もあります。

その場合、大きいほうは「パパ」、小さいほうは「〇〇ちゃん(お子さんの名前)」などとして、「パパと〇〇ちゃんがじゅんばんこだよ」などとイメージしやすくしてあげると良いですね。

なお、「色の系列」でも使用した七田の『くまのひもとおし』は、大中小の3種類のサイズが揃っているので、色の順番だけでなく大きさの順番を意識したひもとおしにも使えます。

☆七田式教材☆ くまのひもとおし☆★

4.「数字」の系列

DSC_0567

0から9までの数字のかたちをしたビーズを使って、1〜10の順番に並ぶように、ひもを通していきます。

まずはバラバラに渡したビーズを1から10まで順番にならべます。正しくならべられたら、1から10までが左から順に並ぶように、ひもを通していきます。

数字の向きにも、注意が必要です。9と6が逆になったり、7や4は反転しがちです。

数字の読みと、1〜10までの数唱を定着させたい2~3歳くらいの子どもにピッタリの遊びです。

紐通し 数字 Lacing Numbers LER6400

最後に

系列あそびは、「きまりにしたがって順序よく」を意識すること、また繰り返しのパターンの美しさ・面白さを感じることで、ゆくゆくは繰り返しのパターンを自分で見つけ、”続きはこうなる“と次を予測することが出来るようになるのがねらいです。

”さまざまなものの中から”法則”(パターン)を発見し、”法則”を応用して課題を解決する力”をやしなう系列あそびをぜひ取り入れてみてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています➡

2歳児さんのドリル・プリント学習って意味あるの!? 目的とメリットは?

おうちで知育

小さなお子さんをお持ちの親御さんで「何歳くらいからドリル・プリント学習をさせたらいいの?」という疑問をお持ちの方も多いと…

幼児の家庭学習を習慣づけるおすすめの方法:3つのポイント

おうちで知育

教室の生徒さんのお母さまから良くいただくご相談のひとつが、『家庭での学習を習慣づけるにはどうしたらよいか?』というもの。…

 

スポンサーリンク