「大小の比較」の概念~”3ばんめに大きいもの”はどれ?でつまづきやすいポイント

「大きい-小さい」「多い-少ない」「長い-短い」「重い-軽い」などの”量”の比較は、幼児期に身に着けておきたい概念のひとつ。

この中の「大・小の比較」に関連して、3歳児さん〜年少さんクラスのレッスンでは、「○ばんめに大きいもの」を見つける取組をします。

この「○ばんめに大きいもの」を選ぶ取組にも、いくつかのポイントがあります。

スポンサーリンク

 

「○ばんめに大きいもの」を選ぶ取組で、年少さんクラスではチューターシステムを使います。


チューターシステム1(文字・数・知恵)

この取組で使用するのは、チューターシステムの「かずあそび3」です。

このように、四つの絵の中から「三番目に大きいもの」を選びます。
そのためには、4つのものの大きさの違いを見極める観察力が必要になります。

また、「3番目に大きい」という場合の”3”は”順序数”であり、「アメが2個ある」というような、ものの量をあらわす”集合数”の「3」とはちがいます。
この”集合数”と”順序数”の違いを理解することも必要になります。

この問いかけを年少さんにすると、まず一回目で正しく答えられる子はまずいません。
だいたい、4つの中でいちばん大きいものか、2番目に大きいものを直感でぱっと選びます。

それで、あらためて「じゃあ、この中でいちばん大きいのはどれ?」次に「2ばんめに大きいものは?」「3ばんめは?」と順番に聞いていくと、正しい答えにたどりつくことができるのです。

このように「1ばんめ」「2ばんめ」「3ばんめ」・・・という手続きをちゃんと踏んでいくとわかるのですが、これを自分の頭の中でやってから答えを出さずに感覚で答えると、間違えてしまいます。

子どもの中で「大きい・小さい」という概念を相対的に捉えるのではなく、「ゾウさんは大きい」「アリさんは小さい」といった、絶対的なものとして捉えてしまっていることが、原因のひとつではないかと思われます。

つまり、4つの中で「3ばんめに大きいもの」というのは小さい方から2ばんめのものであり、自分の中では「大きいもの」に入らないので、選ぶときに「これは違うな」と除外してしまっているのです。

 

「大・小」の相対的な比較が理解できていないかな?という場合は、大・中・小の3つの大きさのものを用いて、3つのうちの「小」と「中」をくらべた場合、「中」が「大きい」になるけれど、「中」と「大」をくらべた場合には、さっきは「大きい」ほうだった「中」が、こんどは「小さい」ほうになることを理解できるかをたしかめてみましょう。

そこが理解出来ているにもかかわらず3ばんめに大きいものがぱっと答えられない場合は、まず「いちばん大きいもの」を聞いて、「じゃあ、2ばんめに大きいのは?」と聞いてみましょう。

それがうまく答えられない場合は、「いちばん大きいもの」を除いた残り3つの中で「いちばん大きいもの」(→つまりそれが2ばんめに大きいもの)を聞いてみましょう。それを繰り返すことで「3ばんめ」「4ばんめ」もわかることになります。

 

このような課題で子どもが答えられない場合、どこでつまづいているのか?

・・・「大きい・小さい」という概念(言葉の意味)が分かっていないのか?

・・・「〇ばんめ」という”順序”をあらわす数字の意味がわかっていないのか?

・・・「大・小」という位置関係を相対的にではなく絶対的なものとしてとらえてしまっているのか?

そこを見極める必要がありますね。

「大小の比較」を教えるには5つのステップがあります。
子どもが正しく答えられていない場合には、ひとつ前のステップに戻ってみて、どの段階まで理解できているかを確かめながら進める必要がありますね。

関連記事:「大小の比較」の教え方5つのステップ

おうちで知育

「大きい」「小さい」は、幼児期に身につけておきたい基礎概念のひとつです。 教室のレッスンでも、2歳児さんクラスから、いろ…

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"