【おうち知育のヒント】その他

『異図形発見』と『同図形発見』3歳児さんの場合。

小学校受験でも出題される『異図形発見』や『同図形発見』の問題。
いくつかの選択肢の中から、1つだけ他と違うものを見つけたり、見本と同じものを見つける課題です。
細かな違いを見わける照合能力や注意力・観察力・全体把握力などが問われます。

教室では年少前さんクラスのレッスンでも行います。いわゆる「まちがいさがし」(→ちがうのをみつけよう)や「絵さがし」(→おなじのをみつけよう)ですが、3歳児さんくらいでこの『異図形発見』や『同図形発見』を行うときには少し注意が必要です。

スポンサーリンク

 

かたちのちがうものを さがしましょう

例えばこの問題ですと、細かい部分をよーーく見くらべないとなかなか違うものを見つけられないですが、

ちがう ものは どれでしょう?

チューターシステム総合セット(Westermann社/フレーベル館)

この問題の場合、どれが違うのかはすぐにわかりそうですよね?(※真ん中の絵だけ、えんとつがあるから違う)

・・・しかしながら、3歳児さん位の子どもの場合、「これと、これがちがう」と、右と左の絵(えんとつがない絵の2つ)を指す場合があります。
「ひとつだけ、違うのを探すんだよ~」と言ってもピンとこない様子。

この場合、「1つだけ違うもの」という意味を、「3つの中で、1つだけ他の2つと違うもの」という意味(相対的)ではなく、「おかしいもの、変なもの、どこか足りないもの」という意味(絶対的)に捉えているのです。

 

したに えが ありますね。でも、どこか たりないところが あります。どこでしょう。

2~3歳の右脳 左脳ドリル

このような、いわゆる『欠所発見』という課題があります。

「ゾウの鼻はほんとは長いのに、切れているからおかしい」など、そのものの本来あるべき姿と比較して、足りないところやおかしなところを見つける課題です。

 

上記の『異図形発見』の問題でも、この『欠所発見』と同じように「違うもの」=「何かがおかしい(足りない、欠けている)もの」と捉えてしまうと、3つの選択肢の絵の中の2つに何かが無くて1つに有る場合、「無い」もの2つがおかしい=”違う”、と考えてしまうのですね。

「ウサギの耳は2つなのに、1つないからおかしい」とか、 「ゾウの鼻は長いのに、切れているからおかしい」というのと同様、「違うもの」=「何かが無い(足りない)もの」と捉えているのです。

まだ物事を相対的に見る(他のものとの比較で考える→比べる絵によって、”1つだけ違う”ものは変わる)のがむずかしいのかもしれません。

問題の本来の意図のとおり、他と違うものを1つ、ぱっと指摘できればよいですが、間違えてしまう場合、まずは2つの絵を比べて「これとこれは同じ?違う?」が分かり、違うなら「どこが違うか」がわかっているかどうかがポイントです。

 

このように、「違い」という言葉の意味をどのようにとらえているかによって、わかっていても正しく答えられない場合もあります

それが”絵の照合能力”の問題(違うところを見つけられない)なのか、”言葉の意味の認識”の問題なのか、確かめるする必要がありますね。

 

みほん とちがう つぼが あります。さがして まるで かこみましょう。

まちがいさがし (はじめてのおけいこノート 2巻)

ちなみに、このように、たくさんの絵の中から1つだけ違うものを見つける、『同図形発見』(→絵さがし)の問題がニガテというか、あんまり好きじゃない子は多いです。

これは単純に、たくさんの中から見つけるのは大変だし、どこを見たらいいのかわからないので嫌になっちゃって、このテの問題を見るととたんにやる気をなくす、というパターンです。

無理やりやらせても、ますますイヤになってしまいますので・・・
選択肢の数を少なくするか、見る範囲を狭める(「このへんにあるよ~」、とヒントをあげる)ことで難易度を下げ、徐々に、選択肢の数をふやしたり見る範囲を広げていってあげてください。

子どもは、「わかる!」「できる!」と自信をつけるととたんにやる気が出て、積極的に取り組むようになってきますので、どんな取組でも、その子にとって”ちょうどいい”課題を与えてあげることが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA