くもん『図形モザイクパズル』で、図形の合成・分解から「面積」の基礎まで

くもん『図形モザイクパズル』は、直角二等辺三角形と正方形のマグネットピースを使って色々な形をつくりながら、図形の合成・分解の基本が身につくパズル。
直角二等辺三角形は、2つで三角形・正方形・平行四辺形が作れる等、図形の基本となる形です。

くもん『図形モザイクパズル』とは


くもん 図形モザイクパズル

『図形モザイクパズル』に入っているのは、

・直角二等辺三角形のピース:4色×各8個、正方形のピース:4色×各4個の計48個(マグネット付き)

・ガイドボードを置く盤:1枚

・ガイドボード(お手本):20枚(表裏で計40パターン)

・ガイドブック:1冊

ガイドボードにはお手本のかたちが描かれており、その隣には同じ形の枠がくりぬかれていて、お手本を見ながら、同じ配色になるように枠にはめていきます。

お手本は裏表の両面あって、たとえば直角二等辺三角形3つを使って台形を作る問題で、片方の面では違う色のピースを使ったパターンのお手本になっているので、三角をどのように置くかがわかりやすいですが・・・

裏面はこのように同じ色になっていますので、自分で分割線をイメージして、三角がどこに、どの向きに入るかを考えなければならないので難しくなります。(正方形のピースを使わず三角形のピースのみを使えば、より難易度が上がります。)

くもん『図形モザイクパズル』おすすめの遊び方

『図形モザイクパズル』は、ふつうに枠にはめて遊ぶ以外にもいくつかの遊び方がありますが、その中で特におすすめしたいのが「ガイドボードで大きさ対決ゲーム」。

遊び方は、1人1枚ずつ好きなガイドボードを選び、それぞれの図形の大きさをくらべて、どちらが大きいかを答えるというもの。
大きさをくらべる際には、それぞれのボードにピースをはめて「同じ大きさのピースいくつ分」でくらべます。

これは「任意単位」といって、”基準となるものがいくつ分”という数値でくらべる比較の方法
センチメートルやメートル等、世界共通の単位を用いて比較する「普遍単位」のひとつ前段階の比較の方法です。

大きさ(広さ)を「同じ大きさのピースいくつ分」で比べればよい、という考え方がわかったとしても、実際に比較する際には、それぞれの図形をピースの形に分割することができなければ、「いくつ分」なのかがわからないので比較することができません。
「図形の分割」ができない、ということは、「図形の合成」の経験が足りない、ということでもあります。

図形の合成・分解の基本を身につけることは、面積の考え方の基礎を理解することにもつながります。
ですので、小さいうちからこの『図形モザイクパズル』のようなおもちゃで図形感覚をやしなうことが大切になります。

最後に

図形の基本となる直角二等辺三角形を使ったパズルには、同じくくもんの『NEWさんかくたんぐらむ』もあります。


NEW さんかくたんぐらむ

『NEWさんかくたんぐらむ』の対象年齢が2歳~なのに対して、『図形モザイクパズル』は対象年齢が4歳~。
ピースのサイズが小さく(2.5cm角)、使うピースの数も断然多くなります。

しかしながら、お手本を見ながら枠にはめるのではなく、お手本の上にそのまま置くようにすれば、2~3歳さんくらいからでもじゅうぶんに遊べます。
(ピースのサイズがかなり小さいため小さくて扱いづらくはなりますが、マグネットでボードにくっつくので子どもは好みます。)

図形の基本である直角二等辺三角形の合成に親しむよう、小さいうちからこのようなパズルでたくさん遊ばせてあげたいものですね。

くもん 図形モザイクパズル

◆こちらの記事もよく読まれています>>>

くもん『NEWさんかくたんぐらむ』~図形の合成・分解の基本のパズル

おうちで知育

「タングラム」は、正方形を7つ(三角形5つ・正方形1つ・平行四辺形1つ)に分割したピースを組み合わせてさまざまな形を作る…

四年生で習う「面積」の考え方が学べるパターンブロックの遊び方

おうちで知育

「面積」の求め方は小学校4年生の算数で習いますが、教室では年中さんクラスで「面積」の考え方の基礎として、「広さくらべ」に…

data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"