幼児期におはじきで学ぶ算数の基礎②~わり算の基礎

小学校3年生で習う「わり算」ですが、おはじきを使って実際のものを“分ける”遊びが、わり算の意味の理解につながります。

スポンサーリンク

 

 割り算の基礎となる考え方2つを「おはじき」で学ぶ方法

 

①同じに分ける~等分除

おはじきを、けんかしないように分けましょう。
まずは、お母さまとお子さんの2人で同じ数ずつになるよう、分けてみましょう。

1人何個ずつ、もらえるかな?
お皿を2枚用意するとわかりやすいです。

最初は、おはじきを目分量で同じくらいになるようにざっくり分けて、「あれ?ママのほうが多いな」などと調整する、というやり方をするのではないでしょうか?

今度は「パパの分もいれて3人で分けてみよう」と、分ける人数を増やしてみましょう。

何回かやっていくうちに、順番に1個ずつ「ママのぶん」「パパのぶん」「わたしのぶん」と、お皿に入れていけばよいことに気づくでしょうか?

何巡かしたところで、おはじきがなくなったら、お皿の中身を確かめてみましょう。
どのお皿も、同じ数だけおはじきが入っていますか?

あまりが出る場合は、少しむずかしいですね。
「あまり」というものの存在を知ることが、重要です。

何かをケンカにならないよう同じ数ずつに分けた時に、ひとり分がいくつになるか。

例:10個のおはじきを5人でケンカしないように分けると、1人何個ずつもらえるか。

これが「等分除」のわり算です。

10個÷5人=2個(「全体量」÷「いくつ分」=「1あたり量」

ということです。

②”〇個ずつ”に分ける~包含徐

わり算のもう1つの考え方は「包含除」(全体の数を一人分の数で分けると、何人に分けられるか)です。

例:10個のおはじきを1人に2個ずつ分けると、何人に分けられるか。

10個÷2個=5人(「全体量」÷「1あたり量」=「いくつ分」

「おはじき10個を、お友だちに1人2個ずつ分けると、何人のお友だちに分けてあげられますか??」
おはじきとお皿を使って、やってみましょう。
お皿に、おはじきがなくなるまで2個ずつ入れていけばいいですね。

おはじきがなくなったら、何枚のお皿に入れられたか数えてみましょう。
お皿が5枚なら、「5人分」に分けられたことになりますね。

等分除の場合と違って、はじめから1人に2個ずつ配れば良いと分かっているから、分けるのは簡単ですが、「何人分に分けられたか」の意味が分からないことが多いです。

おはじき全部の数を答えてしまうことが多いのですが、お皿があれば、お皿に入っているおはじきが1かたまり(=1人分)とイメージしやすいですね。

最後に

このように、実際にものを“分ける”ことが、「割り算」の学習につながる重要な体験となります。

小学校受験でも出題される「割り算」の基礎ですが、ペーパーで解く前段階として、具体物を使って実際に分けてみることが大事です。

普段から意識して、色んなものを「分ける」機会をたくさん作ってあげられると良いですね。

関連記事:

幼児期のうちに、算数の基礎となる「かず」概念の”基本のき”をおはじきで学ぼう

おうちで知育

数の概念の基礎から、小学校で習うかけ算・わり算の考え方まで・・・ おはじきは、「かず」を学ぶのに必要不可欠なものです。 …

幼児期におはじきで学ぶ算数の基礎①~かずの基本からかけ算まで

おうちで知育

「かず」の概念の基礎は、数字という抽象的なものとしてドリルやプリントなどで学ぶ前に、具体物を使って理解することが必要です…

 

スポンサーリンク