【おうち知育のヒント】もじ・ことば

語彙を増やすだけではない「しりとり」遊びの知育的効果とは?

何の道具もいらず手軽にできる遊びのひとつとして、「しりとり」があります。
「しりとり」をとおして、聞いたことのない、もしくは普段使わない言葉に触れることで、今まで知らなかった物の名前や言葉を知り、語彙を増やすきっかけになります。
しかしながら、しりとり遊びで養われる力は、語彙力だけではないのです。

スポンサーリンク

 

しりとりは、語彙を増やすだけでなく「拡散的思考力」を養う

「しりとり」は、手軽にできることば遊びのひとつとして、誰もが一度はしたことがあると思います。しりとりがスラスラ出来るためには沢山の言葉を知っていることが必要です。
しかし、たとえ知っている言葉でも、しりとりをしていて必ずしもその言葉が思つくとは限らないですよね?

「しりとり」が上手にできるためには、語彙が豊富であることと同時に、ある条件からいろいろなことを思いつく力が必要になります。

例えば「”あ”ではじまることばは何!?」のように、1つの事柄(条件・情報)からいろいろなことを思いつく力を「拡散的思考力」と言います。

ある条件からたくさんの言葉を思いつくには、言葉をたくさん知っているだけダメで、頭の中にある条件に合うことばをたくさん思い浮かべる力が必要になるのです。
しりとり遊びはこの「拡散的思考力」を高めるトレーニングになります。

 

レベルアップした「しりとり」遊びで、さらに思考力を高めよう

 「しりとり」よりもかなり難しい「あたまとり」

しりとりがスムーズに出来るようになったら、らっぱ ⇒ ごりら ⇒ りんごのように、しりとりとは逆につなげていく(語頭の文字を、次のことばの語尾につける)「あたまとり」あそびをしてみましょう。

決まった語頭のことば(“あ”ではじまることば等)を見つけるのにくらべて、決まった語尾のことば(“あ”で終わることば等)を見つけるのは、かなり難しくなります。大人でも結構たいへんかも!!

ルールさえ理解できれば、電車の中や歩きながら等、日常生活のちょっとした時間で楽しみながら思考力を養うことができますね。

 

「集中的思考力」と「転換的思考力」を養う、カードを使ったしりとり遊び

カードを使ったしりとり遊びでは、カードに描かれたものの名前がしりとりの順になるように並べていきます。うまくつなげれば、全部がしりとりの順につながります。

口頭でのしりとりがスムーズにできるお子さんであればカンタン!と思いきや・・・意外にも、カードでする場合うまくできないことも多いのです。口頭でのしりとり遊びとは、求められる力が違ってくるのです。

知っている言葉を使って自由にしりとりをすればよいのではなく、限られたカードの中でつなげていかなくてはならないので、複数の情報・条件から1つの結論を導き出す「集中的思考力」が必要になります。

さらに、どの絵からしりとりがスタートするかわかっている場合は良いのですが、わかっていない場合はかなり難しくなります。

適当に目についたカード、例えば「あり」からスタートして、あり⇒りす⇒すいか⇒かめ⇒ねこ と続けたとします。
「ねこ」の次は”こ”ではじまる言葉が続きますが、残りのカードの中に”こ”ではじまる言葉が無かった場合、「残りのカードはいらなかった。しりとりはここで終わり。」と思ってしまう場合があります。

たまたま「あり」のカードからスタートしただけなのに、後ろにつながらなくなった時、列の始めに戻って「あり」の前につなげられないか、という発想が出てこないのです。”「あり」がスタートである”という思い込みから、なかなか離れられなくなってしまうのです。

いままでの考えとは逆の方向から、ものを考えること。これが子どもにとっては、なかなかできないものなのですね。
これには、ある事柄を別の方面から見直す「転換的思考力」が必要です。わかりやすく言うと、思考の柔軟性です。

だからと言って、「こっちにつなげたらいいでしょ!?」などとすぐに教えてしまえば、せっかくの考えるチャンスを奪ってしまうことになります。
なんとか、うまく全部つながる方法はないか!?と自分で知恵を絞って考え、やってみることで「考える力」が育っていきます。


くもん ひらがなしりとりパズル

最後に

しりとり遊びを発展させることで、語彙力だけでなく、拡散的思考力・集中的思考力・転換的思考力などのさまざまな力をやしなうことができます。
ぜひ、レベルアップした「しりとり」遊びにチャレンジしてみてくださいね!

■こちらの記事もよく読まれています➡

幼児の家庭学習を習慣づけるおすすめの方法:3つのポイント

2歳児さんのドリル・プリント学習って意味あるの!? 目的とメリットは?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA