色や形をおぼえるだけでなく、思考の柔軟性をやしなう遊びも~『Colors & Shapes Bingo Game 』

『Colors & Shapes Bingo Game 』は、赤・水色・黄・オレンジ・黄緑・ピンク・茶・むらさき・黒・白の10色×丸・正方形・長方形・正三角形・菱形・楕円形の6つの形、計60種類の図形であそぶビンゴゲーム。

Trend Enterprises Colors & Shapes Bingo Game T6061 ビンゴゲーム 色と形

上記60種類の図形が描かれたカードと、1枚につき8種類の図形が描かれたシート(ビンゴカード)を使います。

遊び方は・・・
参加者に1枚ずつシート(ビンゴカード)を配ります。
シャッフルして、伏せて置いたカードを1枚ずつめくり、出た図形と同じものが自分のシートにあれば、チップをその上に置きます。縦1列・横1列など、あらかじめ決めておいたビンゴの状態でチップが揃えば勝ち!!というもの。
(・・・たぶん、そんな感じです。なにせ解説書が英語なもので確かなことがわからないのですが・・・)

対象年齢は4歳~となっていますが、ルールが簡単なので、3歳くらいから遊べそう。
遊びながら、色や形をおぼえるのに役に立ちそうなゲームです。

ちなみに教室ではビンゴゲームとしてではなく、以下のような使い方で取り入れています。

①色と形マッチング(2歳児さんクラス)

シートを1枚ずつ渡し、描かれている図形と同じカードをシートの上にマッチングさせます。
(カードは、台紙に描かれているものを同じ図形のものを選んでおきます。)

②同じかたちをあつめよう(2歳児さんクラス)

シートは使わずカードのみを使用します。
あらかじめ、丸・正方形・正三角形など3種類~4種類の形カードをそれぞれ3枚ずつ(色は全部違います)選んでおき、全部のカードをバラバラにして机の上に置きます。
バラバラのカードの中から、同じ形のものを集めて仲間分けさせます。

複数のカードの中から、同じものだけを選び出して分けるのは意外と難しいので、その場合は、「丸をあつめて」など、集める形を指示してあげると良いでしょう。
上手に出来るようなら、形の種類を増やして行いましょう。

③同じ色をあつめよう(2歳児さんクラス)

上記②の「色」バージョンです。
「同じ色をあつめよう」と言っても同じ”形”で集めたり、また逆もあったり、結構むずかしいですよ。

③観点を変えた仲間あつめ(3~4歳児さんクラス)

バラバラに並べたカードを、自分で分類基準を設定して”仲間わけ”してもらいます。
例えば、最初に”同じ形のもの”で分けたなら、次は、”色が同じもの”で分けたり、
”丸のなかま”(円と楕円)や”四角のなかま”(正方形と長方形と菱形)、”三角のなかま”(正三角形)、というふうに分けることもできますね。

一度ある分類基準で分けたものに対し、もう一度まったく違う基準の分け方を考えることにより、ひとつの考え方に固執することなく視点を変えて、いろんな角度から考えることが目的になります。

子どもの場合、ひとつの考え方や物の見方にとらわれると別の見方が出来なくなってしまう傾向がありますが、どんな場合でも「こたえは1つではない」ことを意識して、もっと別の考え方・やり方はないのか?を考えることは、「思考の柔軟性」を養ううえで大切です。

なお、この「観点を変えた仲間わけ」は、トランプカードを使うことも出来ますので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

Trend Enterprises Colors & Shapes Bingo Game T6061 ビンゴゲーム 色と形

スポンサーリンク