タオ社の教材『天神』が、右脳トレーニングを家庭学習に取り入れたい人におすすめな3つの理由。

タオ社の家庭学習教材『天神』は、パソコン上で学習するスタイルのデジタル教材ですが、学習内容や購入の仕組みなど、他の通信教育とは一線を画す、ちょっと珍しい教材。

幼児版から高校生版まであるのですが、中でも幼児版に関しては「おうちで右脳教育ができるレアなデジタル学習教材」として、右脳トレーニングをお子さんの家庭学習に取り入れたいと考えているご家庭にご紹介したい教材です。

今回は、「『天神』が、右脳トレーニングをお子さんの家庭学習に取り入れたいと考えているご家庭におすすめな理由3つ」をご紹介します。

※デジタル家庭学習教材『天神』公式サイトはこちら>>>【天神】幼児版

『天神』が、右脳トレーニングを家庭学習に取り入れたい人におすすめな理由3つ。

『天神』には、右脳トレーニングに欠かせない「フラッシュカード」が2,352枚分入っている。

『天神』幼児版は、知識・数量・言葉・記憶・思考の5分野59ジャンル・約10,000問の中から、いつでも自由に好きなものが学べるのが特徴。

中でも「知識」の分野では、生き物・食べ物・乗り物・楽器や名画・天体など、いろんなジャンルの絵と、それに対応する名前がフラッシュされるフラッシュカードが2,352枚分含まれているのです。

ちなみに七田の代表的なフラッシュカードの教材「かな絵ちゃん」は、1セットでカード1,200枚。
表が絵・裏が文字になっていて、両面で2,400枚分です。
『天神』幼児版には、この「かな絵ちゃん」とほぼ同数のフラッシュカードが入っていることになります。


☆七田式(しちだ)フラッシュカード教材☆かな絵ちゃん日本語セット☆★

七田などの教室に通わずにおうちで右脳トレーニングをする場合、フラッシュカードが取組のメインになることが多いと思います。

しかしながら、フラッシュカードを一秒間に1~2枚の超高速でめくるにはある程度の練習が必要ですし、ずっと同じ内容では子どもも飽きてしまうので、いろんな種類のカードを揃える必要もあります。
そうなると費用もかかりますし、フラッシュカードはかなりかさばるため収納場所のことも考えなくてはいけません。

その点『天神』のようなデジタル教材なら、自動的にフラッシュして見せてくれるので練習ナシでOKですし、カードの収納場所をとることもないのでおすすめです。

ちなみに『天神』では、フラッシュカードの音声を日本語・英語・音声なしの3つから選べたり、フラッシュのスピードを3段階で調整できたり手動にすることもできるなど、便利な機能が備わっています。

『天神』では、通信教育の教材ではレアな「記憶トレーニング」ができる。

右脳トレーニングでフラッシュカードの他に特徴的なものとして、暗唱や、直観像、リンク法・ペグ法などの右脳記憶トレーニングがあげられます。

目で見たり、耳で聞いたものを記憶してアウトプットするトレーニングなのですが、『天神』には、目や耳からの情報を記憶する問題が100項目・1,800問以上含まれています。

『天神』幼児版に含まれる「記憶」ジャンルの取り組みには、次のようなものがあります。

「形」の記憶

「形の記憶」は、見本の絵や図形を数秒間見た後、いま見た絵と同じものを4つの選択肢の中から選ぶ問題。
見たものを、まるで写真に撮るように頭の中に映像としてそのまま残す、七田でいうところの「写真記憶」に近いですね。

絵や図形を記憶して似たような絵の中から同じものを選ぶには、記憶力が必要なだけでなく、絵や図形の細かなところまでしっかり見て特徴をつかむこと、すなわち“かたちを見る目”が必要になります。

「絵」の記憶

「絵の記憶」は、ある場面の絵をじっくり見て記憶し、その場面に出てきたものを選ぶ問題。
「形の記憶」よりも複雑な場面を短時間で記憶するので、例えば「リスさんが木の上でどんぐりをもっているね~」などとお話をしながら、絵に描かれているものをイメージに残します。

「位置」の記憶

小学校受験でも出題される「位置の記憶」は、マス目にかかれた絵や色、記号などの場所を記憶して再現する問題。
マス目の数(3×3マス~5×5マス)や記憶する絵の数などによって難易度の幅があり、簡単な問題から順にレベルを上げて取り組んでいけるようになっています。

「順番」の記憶

「順番の記憶」は、1つずつ現れる絵や記号、数字を記憶し、出てきた順番通りに再現する問題。
絵の数は2つから7つまで、6段階のレベルがあります。

「記憶」のトレーニングはデジタル教材ならでは

なお、「形の記憶」「絵の記憶」「位置の記憶」「順番の記憶」など、目からの情報による記憶のトレーニングの教材には、七田ではこのようなもの↓がありますが・・・


☆七田式(しちだ)記憶訓練ミニカード みぎのうくん☆★

短時間ぱっと見せて記憶し、それを再現するといった右脳記憶の取り組みは、パソコンやタブレットなどの画像を用いるほうがテンポよく取り組めます。
その点では、カードなどを用いるよりもデジタル教材のほうが取り組みやすいと言えます。

「百人一首」の記憶

「百人一首の記憶」は、「記憶」ジャンルではなく「言葉」ジャンルの問題として取り入れられています。
百人一首が読み上げられる音声を聞いて記憶し、上の句に合う下の句を選ぶ問題などに取り組みます。

七田では、このような↓冊子と読み上げのCDを用いて、百人一首や俳句などの暗唱課題に小さいうちから取り組みます。


暗唱文集(百人一首・漢詩・漢文・近代文学・古典文学・達人編)セット 七田式 幼児~大人

暗唱とは、意味の理解を求めず、聞いたままを繰り返し言えるようにすることで右脳記憶を育てるのが主な目的ですが、暗唱する題材によって、感性や表現力を高めたり、入力したものを知識として定着させるなど様々な効果があります。

『天神』は、まとめて支払う料金は高額だけど・・・条件によっては七田式の通信教育よりコスパは良い。

『天神』は他の通信教育のように”月額いくら”ではなく、0〜6歳分(幼児版の場合)の学習内容すべてをまとめて購入する「買い切り」システム
そして、その金額は30万3,800円(税別)です。

この金額を聞いてギョッとした方も多いのではないかと思います。(私もです。)
確かに、通常の通信教育と比較するとかなりお高い気がしますね。

実際に月額に換算して比較するには、何歳から何歳まで使用するかによって違ってきますので一概には言えませんが、仮にMAX6年間使用するとして、30万3,800円÷72ヶ月=約4,220円/月です。

(※ちなみに『天神』は、きょうだい何人でも同一の料金で使えますので、その分コスパはあがります。もちろん、学習結果もそれぞれ個人ごとに記録されます。)

主な幼児向け通信教材の多くは月額1,000円台~2,000円台。
中には1,000円以下のものもありますので、『天神』との金額の差は歴然です。

しかしながら、『天神』と同様にフラッシュカードや記憶トレーニングなどの「右脳教育」を含んだ、七田の通信教育との比較で考えてみると・・・

七田の通信教育幼児コースは【ちえ】【もじ】【かず】【生活】【右脳】の5分野で構成されていて、料金は年会費95,000円(税別)。

対象年齢は『天神』と同じく0~6歳までですが、仮に0~6歳までの6年間学習をする場合、七田の通信だと年間95,000円(税別)×6年分で57万円となります。
(※七田式 通信教育の詳しい情報はこちらの公式サイトをご参照ください。https://www.shichida.co.jp/course/youji_lyk/)

一方『天神』の場合は0〜6歳分トータルで約30万円なので、4年以上使用する前提ならば、トータルの金額は七田よりも『天神』のほうが安いということになります。

もちろん、七田の通信のほうはフラッシュカードや知育玩具など実際の教材を使用した学習スタイルで、一方『天神』はパソコンを使用するデジタル学習と、その学習スタイルが大きく違うため、単純に料金だけで比較することはできませんが・・・
ひとつの指標として、参考にすることはできるかと思います。

 

最後に

デジタル学習教材『天神』は、名前もあまり聞いたことがないですし、学習内容も料金システムも他の通信教育とはぜんぜん違うため、はっきり言って「あやしい」と思われる方が多いと思います。

しかしながら、他とはちがう無二の教材ゆえ、ハマるご家庭にはぴったりハマるのではないでしょうか。
特に右脳教育に興味があるご家庭には、一考の余地があるのではないかと思います。

なお『天神』には、体験専用のパソコンを往復送料無料で送ってもらい、4日間自宅で試せる無料体験のシステムもありますが・・・
なにぶん「合う・合わない」がハッキリ分かれる教材ですので、まずは資料請求で内容をくわしく確認してから、「合いそう」となったら無料体験を申し込むことをオススメします。

※『天神』の資料請求はこちらから>>>【天神】幼児版

*関連記事:通信教育のデメリット「子どものレベル・ペースに合わない」を解消。デジタル教材『天神』幼児版

関連記事

学年や月齢に合わせた課題が毎月届く通信教育の教材は、親御さんが教材を選んで購入する手間が省けるなどのメリットがあります。 一方で、お子さんによっては「カンタン過ぎる」、逆に「難しすぎる」などレベルが合わない、また「ボリュームが少なすぎ[…]

IMG