【おうち知育のヒント】かず

百玉そろばんを使った「繰り上がり」「繰り下がり」のやり方

繰り上がりのある足し算は、10を作る考え方を使います。また繰り下がりのある引き算では、1の位からは引けないので10から引き、残った数と1の位の数を合わせて答えを出します。

「百玉そろばん」は玉が10個ずつでひとまとまりになっているため、繰り上がりのある足し算・繰り下がりのある引き算を理解するのにピッタリのツールです。
もしお子さんが算数で「繰り上がり」「繰り下がり」につまずいているなら、いちど百玉そろばんを使って理解を促してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

①「百玉そろばん」を使った、繰り上がりのある足し算の方法

9+5の場合、9はあと1で10になるから、5から1をもらって10をつくります。
出来た10と、5から1をあげた残りの4を合わせて、答えは14となります。

これを「百玉そろばん」で実際に玉を動かしながらやってみると、以下のようになります。

①百玉そろばんの最上段の左端に9、その下の段の左端に5を作ります。
最上段の右端には玉が1個残っています。(つまり、9はあと1で10になります。)

②最上段の右端の1個を借りてきます(左端に寄せて、10を作ります)。
借りた分を、5のほうから返します。(5から玉を1個、右端に戻します。)

③すると、最上段は9と1で10、上から2段目は5から1を取って4になり、全部で14となります。
つまり、9+5=14です。

 

②「百玉そろばん」を使った、繰り下がりのある引き算の方法

13-8の場合、1の位の3から8は引けないので、10から8を引いた残りの2と、1の位の3を足した5が答えとなります。

これを「百玉そろばん」を使ってやってみます。

①まず13を作ります。最上段が10、その下の段が3(一の位)となります。

②最上段の10から8を引く(右端に戻す)と、2が残ります。
(一の位のほうから順に8を引いていくのではなく、十の位のほうから引きます。)

③その下の段(一の位)の3と合わせると、全部で5となります。
つまり、13-8=5です。

 

最後に

繰り上がりも繰り下がりも、「あといくつで10になるか」また「10からある数を引くといくつ残るか」つまり、「10の構成」が理解できていることが大切になります。

「10の構成」が頭にインプットされていない場合でも、百玉そろばんを使うことで「10の合成・分解」を目で見て意識しながら計算することができますね。

「10の構成」がネックになって繰り上がり・繰り下がりにつまずいている場合は、「9と1で10」「8と2で10」・・・と「10の構成」がぱっと言えるようになるまで、百玉そろばんで視覚的にインプットしていくのも効果的です。

関連記事:

『百玉そろばん』オススメの使い方

繰り上がりのある足し算でつまずかないために・・・「10の構成」

『百玉そろばん』おすすめ:2歳児~小学生のレッスンで使用している3種+1

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA