【おうち知育のヒント】かず

3歳からできる足し算・引き算の基礎~「数の構成」あそび

足し算や引き算の基礎となる『数の構成』は、ある数がいくつといくつで出来ているか(いくつといくつに分けられるか)ということです。

たとえば5は「1と4」、「2と3」、「5と0」に分けられます。
つまり、5は4と1に分けられる = 4と1で5になる= 「4+1=5」
また、4はあと1あれば5になる = 4は5になるには1足りない = 「5-4=1」
・・・ということです。

教室では年長さんまでに、繰り上がりのある足し算や繰り下がりのある引き算に必要となる「10の構成」を理解し定着させることを目指していきますが、そのスタートは「ある数が、”数と数との組み合わせ”でできていることがわかる」というところから始まります。

数の基礎概念が理解できる(正しく数が数えられて、”ぜんぶでいくつ”がわかる)ようになった3歳児さん位から、「数の分解」(いくつといくつでその数になるかを考える)・「数の合成」(ある数とある数を合わせた数がいくつかを考える)の取組を行い、「3の構成」から始めて「5の構成」までの理解を目指しています。

スポンサーリンク

 

今回は、3歳児さんクラスで行う「数の構成」の取組の1つ、「おみせやさんごっこ」をご紹介しますね。
使うのは、1つ~5つくらいまでの絵を描いたカードと、お皿を数枚。
絵は何でもいいです。それぞれの数のカードは何枚かずつ用意します。

子どもはお店の店員さんです。
お店の商品を机に並べます(例:イチゴ1個のカード4枚と、2個のカード1枚、3個のカード1枚)。

お皿を3枚置いて、「パパのお皿、ママのお皿、○○ちゃんのお皿に、イチゴを1個ずつくださーい。」

・・・これは、すぐに出来ますね。

次は、「みんなに2個ずつ、くださーい。」
2個入りのカードは1枚しかありません。
どうしたらいいかな?

・・・そうだ!1個と1個で、2個になるね。

ここまではすんなりいきますが、3個になると難しくなります。

1個を3つで、合わせて3個(1と1と1で3)は分かりますが、2個と1個で、合わせて3個(2と1で3)というのがなかなか難しい。

「1と1と1で3」の場合、カードの数とイチゴの数がどちらも3ですが、「2と1で3」の場合、カードの数が2なのにイチゴの数が3、というのがわかりにくいのです。イチゴ数に関係なく、カードを3枚選んでしまいます。

こんなふうに、上手に配れるかな?
どれもぜんぶ「3」だけど、

●【3】だけ
●【2】と【1】で3
●【1】と【1】と【1】で3

いろんな作り方があるね。
→このことに気がつくことが大事です。

「3」が上手に作れるようになったら、4、5・・・と増やしていきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA