4歳の知育で目指したい内容と、自宅でできるおすすめの取り組みまとめ。

お母さまと離れ、園での集団生活を経験するお子さんも多い4歳児さん。
お友だちなど他人の存在を意識し、相手の気持ちを推し量ろうとするなど、社会性も身につけていきます。

そんな4歳児さんの知育で目指すべきこととは?
また知的発達をさらに促すために自宅でできる取り組みとは?

今回は、教室の4歳児さんクラスのレッスンで行っている内容をもとに、4歳児さんの知育で目指したい内容と、自宅でできる知育の取組を分野別にご紹介します。

目次

【4歳の知育】数

【4歳の知育】「数」の分野で目指したいこと

10までの数の理解(「数字」と「かず」の対応)

“数の理解“とは、「1、2、3・・・」という「数詞」と、その数詞があらわす「量」が結びついていること。
4歳児さんではまず、10までの数に関して、数字から具体的な数(数量)を思い浮かべることができることを目指します。

仮に、10個のおはじきを「いーち、にー、さん・・・」と正しく数えることができても、「ぜんぶでいくつ?」と聞くと答えられない場合があります。

最後に言った「じゅう(10)」というのが、おはじきの全体量を表しているということ(基数性)がわかっていないということです。

おはじきを「10個ください」と言われて、たくさんあるおはじきの中から正しく10個取り出せればバッチリです。

その上で、1から10までの数字が読めて、「数字」とその「数」(量)を対応させることができるようにしていきましょう。

関連記事

たとえお子さんが1から10までの数字を読めていても、必ずしも10までの「かず」を理解しているとは限りません。 お子さんがひらがなを読めるようになるのと同様に、数字が読めるようになるのは素晴らしいことですが、重要なのは「数字」の意味を理[…]

5の構成(いくつといくつで5)

「数の構成」とは、「ある数がいくつといくつでできているか(いくつといくつに分けられるか)」ということ。
これは、足し算・引き算の基礎になる考え方です。

「5は2と3に分けられる」=「2と3で5になる」すなわち2+3=5です。
また、「5は2と3に分けられる」=「3はあと2あれば5になる(3は5になるには2たりない)」すなわち5-3=2です。

まずは、おはじきなどの具体物を使って「数を分けてみる」ことから始め、ある数がいくつといくつでできているかがわかることを目指していきましょう。

おはじきなどを使って簡単にできる遊び方があります。
おはじきを何個あるか確かめさせてから、左右の手に何個かずつ分けて隠します。
片方の手を開いて中のおはじきを見せ、反対側の手に何個あるか(=あといくつで全部の数になるか?)を考えさせます。
まずは「1と1で2」(2の構成)から始めて3、4、5・・・と進めていき、「5の構成」(1と4で5、2と3で5など)を定着させていきましょう。

関連記事

足し算や引き算の基礎となる『数の構成』とは、ある数がいくつといくつで出来ているか(いくつといくつに分けられるか)ということ。 たとえば5は「1と4」、「2と3」、「5と0」に分けられます。 つまり、5は4と1に分けられる = 4と1[…]

「いくつ多い」「いくつ少ない」(数の差の理解)

数の「差」の理解とは、「どちらがいくつ多い?」がわかること。

たとえばりんごが5個、みかんが4個ある場合、子どもに「どちらが何個多い?」と聞くと、「りんごが5個多い」と答えることがよくあります。

数の「差」(ちがい)という目に見えないものを理解するのは、子どもにとっては難しいことなのです。

この時、りんごとみかんを1個ずつ結びつけてみる(1対1対応)と、りんごが1個余ります。また、みかんが1個足りません。
この「余った数」「足りない数」=りんごとみかんの数の差(ちがい)です。

「ちがいはいくつ?」「いくつ多い?」という表現がまだむずかしいようであれば「りんごのほうがいくつ余るかな?」「みかんのほうがいくつ足りないかな?」というように、「余る・足りない」という、子どもになじみのある表現を使い、「あまりの数」「足りない数」=数の差(ちがい)である、ということを結びつけていきましょう。

 

「○個ずつ配る」(かけ算の基礎)、「○個ずつ分ける」「○人分に分ける」(わり算の基礎)

掛け算の考え方は、「1当たり量×いくつ分=全体量」。
例えば「アメを3人に2個ずつあげるには、全部で何個いりますか?」という場合、「1当たり量(2個)×いくつ分(3人)=全体量(6個)」になります。

また、割り算の考え方は2通りあります。
1つは「全体量÷いくつ分=1当たり量」(等分除)。
例えば「10個のアメを5人でケンカしないように分けると1人何個ずつもらえますか?」という場合の、「全体量(10個)÷いくつ分(5人)=1あたり量(2個)」

もう1つは、「全体量÷1当たり量=いくつ分」(包含除)
例えば「12個のアメを3個ずつ配ると、何人に配れますか?」という場合、「全体量(12個)÷1あたり量(3個)=いくつ分(4人)」になります。

かけ算やわり算を数式で理解する必要はありませんが、実際のものを「○個ずつに分ける」「等しく分ける」という実体験は、のちにかけ算やわり算を学ぶ際の理解の基礎となります。

関連記事

「かず」の概念の基礎は、数字という抽象的なものとしてドリルやプリントなどで学ぶ前に、具体物を使って理解することが必要です。 かず概念の基本「1対1対応」から、「多い・少ない」の比較、数の「差」、そして小学校2年生で習う「かけ算」の意味[…]

関連記事

小学校3年生で習う「わり算」ですが、使って実際のものを“分ける”遊びが、わり算の意味の理解につながります。 今回は、わり算の基礎となる2つの考え方について、おはじきを使って実際に分けてみることで理解する遊び方をご紹介します。 ス[…]

系列(パターンを見つける)

「系列」とは、”さまざまなものの中から「法則」(パターン)を発見し、その「法則」を応用して課題を解決する取組。

スタートは「赤・青・黃・赤・青・黃・・・」などの色の繰り返しや、「大・小・大・小・・・」などの大きさの繰り返しになるように作った見本を見ながら、同じようにひもとおしをしたりシールを貼ったりすることで“繰り返しのパターンを意識する”ことから始めます。

4歳児さんではその次のステップとして「繰り返しのパターンを自分で見つけて次を予測する」ことを目指していきます。

関連記事

巧緻性を高め、脳を活性化するあそびとしてポピュラーなものが「ひもとおし」。 ひらすらひもを通して遊ぶだけで、指先の器用さをやしない脳を活性化してくれる「ひもとおし」ですが・・・・ ひもとおしの教材や遊び方を工夫することで、”さまざまなも[…]

【4歳の知育】「数」の分野でおすすめの取り組み

すごろく

「すごろく」は、正しく数を数える力・”ぜんぶでいくつ”がわかる力など、ゲームをとおして数概念の基礎ををやしなうことができる遊び。
教室の子どもたちはみんなすごろくが大好きで、毎回レッスンでやりたがるほどはまっています。

4歳児さんではサイコロ2個を使い、出た目の合計の数だけ進むというルールで遊ぶびます。
2つのサイコロの目を一緒に数える、「合わせていくつ」すなわち足し算を、ゲームで遊びながらたくさんこなすうちに、1桁同士の足し算が感覚的にぱっとわかるようになっていきます。

関連記事

「すごろく」は、幼児さんが楽しく遊びながら数概念の基礎を学ぶことができる優れたゲーム。 2~3歳児さんから6歳くらいまで、年齢や発達段階に合わせて遊び方を工夫することで、さらに効果的に数の概念を学ぶことができます。 今回は、すごろく[…]

トランプ

「トランプ」のカードには、数字と、同じだけの数のマークが書かれている(11~13の絵札は除く)ので、数の量感をつかみながら数字に親しむことができます。
「数字とかずの対応」や「数の多少の比較」などをゲームをとおして身につけていきましょう。

関連記事

「トランプ」は、楽しく「かず」の力を身につけるのにピッタリ。 数字と、同じだけの数のマークが書かれている(11~13の絵札は除く)ので、数の量感をつかみながら数字に親しむことができます。 今回は、3~6歳くらいの幼児さんが「かず」の[…]

おはじき

「かず」の概念の理解には、生活の中で実際のものを数えるなど「かず」をあつかう場面を意識してつくることに加えて、おはじきなどの身近なものを使い、遊びをとおして学ぶのがおすすめ。

特に「数の構成」や「数の多少の比較」などは、プリントなど紙の上で理解を求めるのではなく、実際のものを使って分けたり比べたりしてみることが大事です。

関連記事

数の概念の基礎から、小学校で習うかけ算・わり算の考え方まで・・・ おはじきは、「かず」を学ぶのに必要不可欠なものです。 今回は、”おはじき”を使って学ぶ「かず」の概念、”基礎の基礎”をご紹介します。 スポンサーリンク[ad#co-[…]

百玉そろばん

百玉そろばんは、数の概念を学ぶのに最適な知育玩具。
数唱をしながら玉を動かすことで数量感をつかむことができますし、10個ずつの玉が10集まって100になっていますので、10を1つのまとまりとした数の構造を理解するのにも役立ちます。
その他にも足し算や引き算など、大きくなっても年齢に応じて数を学ぶのに使えるツールです。

関連記事

『百玉そろばん』は、目に見えない”数”という抽象的なものを、具体的に目に見えるものと結びつけることで、数概念の理解をうながすのに有効なツール。 10個の玉が10列で100個の構造になっているため、「100ってこんなにいっぱいあるんだ」[…]

七田くまのひもとおし

七田の「くまのひもとおし」は、色や大きさのバリエーションを活かしてさまざまな知育に活用することができるおすすめの知育玩具。

「色のじゅんばん」や「大きさのじゅんばん」のひもとおしで法則(パターン)を発見する「系列」の取組にも使うことができます。

関連記事

幼児さんの定番の知育あそび「ひもとおし」は、指先を使うことで巧緻性を高め、脳を活性化してくれます。 「ひもとおし」の教材にはいろんなものがありますが、七田の「くまのひもとおし」は指先を鍛えるだけでなく、さまざまな知育に活用することができる[…]

【4歳の知育】文字・ことば

 

【4歳の知育】「文字・ことば」の分野で目指したいこと

表現力をやしなう

主語と述語の関係を理解し、様子をあらわすことば(ようすことば)や動きをあらわすことば(うごきことば)を使って、正しい文章が作れるようにしていきます。

“ようすことば”は、「大きい⇔小さい」「長い⇔短い」など、対となる言葉とセットで「はんたいことば」としておぼえることで、その言葉の意味や使い方をよりよく知ることができます。

4歳児さんでは次のステップとして、1つのものをあらわす“ようすことば”をできるだけたくさん言ったり、逆に、1つの“ようすことば”にあてはまるものをたくさん言うなどの取組をとおして、“ようすことば”を知っているだけでなく、実際に使える言葉にしていくことを目指していきます。

関連記事

もののようすをあらわすことば(形容詞)をたくさん知って実際に使えるようにしていくことは、表現力を高めるためには重要です。 お子さんが言葉を話し始めの頃は、もののなまえ(名詞)の語彙を増やすことを意識されてきたと思いますが・・・ […]

さまざまな観点でものを見る

4歳児さんでは、もののなまえの語彙を増やす(概念の拡大)のと並行して、さまざまなものの特徴や機能、用途など、ものの属性に関する認識をさらに深めていきます(概念の深化)。

例えば『バナナとは?』という問いに、「くだもののなかま」「食べられるもの」や、「黄色い」「細長い」などの見た目以外にも、「甘い」「南の島でとれる」「3文字のことば」など、なるべくたくさんの特徴が言えること。
1つのものをさまざまな角度からそのものを捉えることができるようになることが、思考の柔軟性につながります。

ひらがなの読み(ひろい読み→単語読み)

4歳児さんは、ほとんどのひらがなが読める子もいれば、まだ自分の名前くらいしか読めない子もいる等、個人差が大きいと思います。

「まだまだこれから」というお子さんの場合は、ひらがなポスターを貼るなどして身近に「ひらがな」がある環境を作ったり、「ひらがな」を題材にしたパズルなどのおもちゃで遊ぶ機会をとおして「ひらがな」に触れさせ、文字に興味を持たせてあげるようにしましょう。

また、既にひらがなが読めるお子さんは、1文字ずつ読む「ひろい読み」から、言葉のまとまりでスラスラ読む「単語読み」ができることを目指していきましょう。

文字書き

文字がうまく書けるようになるには、まずは鉛筆を正しく持って線描きができるようになることが必要。
三角えんぴつを正しく持ってしっかり「せんがき」や「めいろ」「てんつなぎ」ができるようであれば、「文字書き」の練習をしていきましょう。

間違った書き順がクセになってしまうと後から修正するのは大変ですので、このタイミングから正しい書き順を意識していきましょう。

関連記事

「うちの子はなかなか文字に興味を持たなくて・・・」 「なかなか”ひらがな”が読めるようにならないんだけど大丈夫かしら」 ・・・などと、「ひらがな」の読み書きに関するご相談を、教室の生徒さんのお母さまからいただくことがよくあります。 […]

【4歳の知育】「文字・ことば」の分野でおすすめの取り組み

チューターシステムたのしいもじあそび

さまざまな幼児教室でも使われている定番の知育教材『チューターシステム』は、テキストの問題に沿って答えのところにチップを置いていき、全問正解だとキレイな模様ができあがるという仕組みが子どもにも人気です。
また慣れれば子どもが一人で取り組み、答え合わせまでできるところも魅力の一つ。

文字・数・図形などいろんなジャンルがありますが、その中の「たのしいもじあそび」シリーズでは、ひらがなの読みを段階的に学ぶことができます。

関連記事

『チューターシステム』は七田(しちだ)をはじめ、さまざまな幼児教室でも使われている知育教材。 テキストの問題に沿って答えのところにチップを置いていき、全問正解だとキレイな模様ができあがる!という仕組みが子どもの興味を引き、人気のある教材で[…]

スリーヒントゲーム

「スリーヒントゲーム」は、読み札に書かれた3つのヒント「誰が(どの動物が)」「どんな格好で(服の色など)」「何をしている(”ブランコにのっています” など)」を聞いて、あてはまるカードをカルタのように取るゲーム。
複数の情報を集約して、すべてに当てはまるものが何かを考える集中的思考力が求められます。

一方、カードを使わないスリーヒントゲームでは、出題する人が“あるもの”に関するヒントを自分で考えることで、1つのものからさまざまな角度でたくさんのことを思い浮かべる「拡散的思考力」がやしなわれます。

関連記事

「スリーヒントゲーム」というカードゲームは、さまざまな知的能力がやしなわれるおすすめの知育遊びなので、教室でも年少さん~年中さんクラスのレッスンに取り入れているのですが・・・ カードがなくても”スリーヒントゲーム”はできるのです。 […]

なかまあつめ

「なかまあつめ」は、さまざまな種類のものが描かれた絵カードを使って、仲間同士にチーム分けする遊び。
仲間あつめをするということは”複数のものの共通点を見つけ出す”ことですが、何を”共通点(同じ)”とみなすかによって分類のしかたが変わってきます。

「くだもののなかまはどれ?」などとこちらから指定しなくとも、自分で分類基準を設定してチーム分けできるようであれば、次のステップでは、子どもがいちど分けたものを一回バラして、また別の観点からなかまわけをする「観点を変えた仲間わけ」もやってみましょう。

たとえばりんご、みかん、ぶどうは「くだもののなかま」、トマト、にんじん、なすは「やさいのなかま」ですが、観点を変えて色でなかまわけをすると、りんご、トマトは「赤いもののなかま」、みかん、にんじんは「オレンジいろのなかま」、ぶどう、なすは「むらさきいろのなかま」と、まったく違ったチーム分けになります。

このように観点をいろいろと変えられるということが、「思考の柔軟性」につながるのです。

関連記事

「仲間分け」は、さまざまなものをある観点から分類し、仲間どうしで分ける取組です。 たとえば、いぬ、ねこ、ライオンは「どうぶつのなかま」。つまり上位語は「どうぶつ」ですが、「どうぶつ」はさらに「さかな」「とり」「むし」などとともに、「いきも[…]

お話のならべかえ(お話づくり)

3〜4枚の絵カードを、絵の状況から前後関係を判断して時系列で並べ替え、どんなお話かを言う取組です。
例えば、「泥だらけの犬」「せっけんで洗っている犬」「キレイな犬」の3枚の絵の場合。
洗ったらキレイになる・・・すなわち、キレイな犬は、洗った後。泥だらけの犬は、洗う前。というように、論理的に考えることが必要になります。

また、カードを並べ替えた後に「どんなお話か」を言うことで、「いぬ。」「ごはん。」などと単語だけでお話をするのではなく、「いぬが、ごはんを食べている。」と、「主語+述語」のかたちでお話ができるよう意識します。

徐々に、登場人物の気持ちや会話を想像してお話に盛り込み、より豊かなお話を作れることを目指していきます。

関連記事

『Sequence Rummy Challenge Cards 』は、3枚を並べると1つのまとまったお話になる絵カードが18セット、計54枚が入ったカードゲーム。 トレンド 英単語 カードゲーム ラミー ストーリーを作ってみよう […]

「聞く力」のトレーニング

すべての学習の基礎となる、「聞く力」。
集中して耳(=意識)を傾け、必要な情報を得るための「聞く態勢」を作れるようになること、そして最後までその態勢を保ち続ける集中力をつけることはとても大事です。

お話を聞いて内容を記憶したり、指示を聞きながら鉛筆を動かすなどのトレーニングをすることで、記憶力や処理能力を高めることができます。

関連記事

教室では年少さん~小学生クラスのレッスンで、「聞く力」のトレーニングを行っています。 その際に使用しているのが、こちらの『きくきくドリル』。 テキストに付属しているCDを聞いて、耳からの情報をもとに課題を行います。 (※写[…]

【4歳の知育】図形

 

【4歳の知育】「図形」の分野で目指したいこと

平面図形の合成

基本図形となる丸・三角形・四角形をはじめ、台形・平行四辺形・菱形・六角形など、さまざまな形のパズルで平面図形の合成に取り組みましょう。

特に直角二等辺三角形は2つで正方形や大きな三角形に、また正三角形は2つで菱形、3つで台形、6つで六角形になる等、図形の合成の基本となる形ですので、パズルをとおしてたくさん触れる機会をつくりましょう。

平面図から立体をイメージする

パズルなどの平面図形と並行して、立体図形にも小さいうちからたくさん触れておきたいもの。
好きなように積み木を積んだり、何かに見立てて自由に遊ぶことも重要ですが、平面図のお手本を見ながら同じ形を構成する課題にも取り組んでみてください。
隠れたところにある積み木の存在を理解して作ることができる等、平面から立体をイメージする力をやしないます。

また、立体をいろんな方向(前・後ろ・横・上)から見てみることで、それぞれ見え方が違うということを理解していきます。

座標軸上の位置を理解する

「上・下」「左・右」「前・後」「内・外」などの空間認識をあらわすことばと、「〇番目」という順序数を使った、「上から2番目」「いちばん右」などの表現が理解できるようであれば、次のステップでは「前の列の右から2番目」や「右の列の上から3番目」など、2つの軸をかけ合わせた位置の表現が理解できるようにしていきましょう。

位置をあらわす表現を理解するには、普段の生活の中で「あそこ」などと指示語で会話するのではなく、「いちばん上の列の、右から2番目の引き出し」など、位置をあらわす表現を使って会話することを意識するのが大切。
その上で、「座標軸」を意識した遊びでこれらの概念を定着させていきましょう。

関連記事

立方体積み木は図形センスを高めてくれる知育玩具です。 色のついていない白木のものが多いですが、カラーの立方体積み木を使うことで、図形センスだけでなく空間を捉え「位置」を理解する力を高める遊び方ができます。 今回は、カラー積み木を使っ[…]

【4歳の知育】「図形」の分野でおすすめの取り組み

木製ジオボード

「木製ジオボード」は、ボードに付いた8✕8の64ピンに輪ゴムをかけて、見本と同じ模様を作って遊ぶおもちゃ。
くもんの「わごむパターンボード」も同様のおもちゃですが、「わごむパターンボード」と違うところは、お手本のカードを”見ながら”同じ位置に同じ形を作ることで「上/下から〇段目の右/左から〇列目」といった”座標上の位置”を意識した取組ができることです。

関連記事

くもんの「わごむパターンボード」は、ボードのピンに輪ゴムをかけ、模様をつくって遊ぶ定番の知育玩具。 指先の巧緻性を高めながら「図形感覚」もやしなうことができるので、教室では2歳児さん~年少さん・年中さんクラスまで幅広く取り入れています。 […]

パターンブロック

パターンブロックは、ピースの形が六角形=台形2個=菱形3個=正三角形6個となっている図形パズル。
ある形を他の形に置きかえることができるため、自由にかたちや模様を作って遊びながら図形の合成・分解の感覚が自然に身につき、図形構成力がやしなわれるオススメの定番知育玩具です。

別売りのタスクカード(お手本)を利用することで、かたちのマッチングから図形の合成、はては線対称・点対称から面積の考え方まで、お子さんの年齢や発達段階に合わせ幅広く活用が可能です。

関連記事

「パターンブロック」は、遊びながら自然と図形のセンスが身につく定番の知育玩具。 アメリカで開発され、日本でも筑波大学附属小学校など、多数の小学校の算数の授業で使用されています。 私の教室でも2歳児〜年長さんクラスまで、幅広い年齢のレ[…]

くもん「図形モザイクパズル」

くもん『図形モザイクパズル』は、直角二等辺三角形と正方形のマグネットピースを使って色々な形をつくるパズル。
直角二等辺三角形は、2つで三角形・正方形・平行四辺形が作れる等、図形の基本となる形です。

同じ形を作るにも、正方形1つ+直角二等辺三角形1つで作るパターンと、直角二等辺三角形3つで作るパターンがあるというように難易度が調整できるようになっています。

関連記事

くもん『図形モザイクパズル』は、直角二等辺三角形と正方形のマグネットピースを使って色々な形をつくりながら、図形の合成・分解の基本が身につくパズル。 なお直角二等辺三角形は、2つで三角形・正方形・平行四辺形が作れる等、図形の基本となる形[…]

くもん「NEWたんぐらむ」

くもんの『NEWたんぐらむ』は、三角形(大・中・小)3つ、正方形1つ、平行四辺形1つ、台形2つの計7ピースからなる木製パズル。

すべてのピースは、いちばん小さい三角形を基本として
三角形(小)×2=正方形、三角形(中)、平行四辺形、台形(小)
三角形(小)×3=台形(小)
三角形(小)×4=台形(大)、三角形(大)
このような関係性になっています。

実際に手を動かして「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤しながら形を作っていくうちに、ある形が、別の形の組み合わせで出来ていることに自然に気づくことができます。

関連記事

「タングラム」は、正方形を7つに分割したピースを組み合わせて形を作る有名なパズル。 いろんな会社からさまざまなタングラムが発売されていますが、その中でもオススメなのが、くもんの『NEWたんぐらむ』。 NEW たんぐらむ く[…]

エド・インター「立体パズル」

エド・インター社の「立体パズル」は、15種類のブロックで平面図形・立体図形どちらも作ることができるお得感のある知育玩具。
平面図形のお手本が91パターン・立体図形のお手本が19パターン、全部で110種類のお手本がついていて、レベルによっては大人でも難しいので、「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤しながら図形センスをやしなうことができます。

関連記事

お子さんの図形感覚をやしなうおもちゃとして、平面図形感覚なら平面パズル、立体図形感覚なら積み木、というように平面と立体を使い分ける場合が多いと思います。 そこで今回は、”立体”でありながら、平面図形を作る”パズル”であり、同時に立体図[…]

間違いさがし

『間違いさがし』は、“地頭力”すなわち自分の頭で考える力の基礎となる「ワーキングメモリ」にかかわる脳の部分が活性化するとして、脳科学者もオススメの知育教材の1つにあげています。
自分で間違いを見つけられず、人に教えてもらったり答えを見たりしても同じように脳が活性化するそうなので、気軽に遊びに取り入れたい取り組みの1つです。

関連記事

2歳児さん〜年長さんクラスのレッスンで取り入れている取組のひとつに「間違いさがし」があります。 2つの絵を見くらべて違うところを見つけるシンプルな取組ですが、2〜6歳という幅広い年齢のクラスで取り入れているのは、『間違いさがし』が、脳科学[…]

【4歳の知育】巧緻性

【4歳の知育】「巧緻性」の分野で目指したいこと

指先を使う遊びをしながら、図形や数などの概念を学ぶ

指先は「第二の脳」と言われ、指先を使うことで脳へと刺激が送られ、知的発達やことばの発達につながります。
いろんなおもちゃや知育玩具などで指先を使う遊びをたくさんさせてあげることが大切です。

4歳児さんでは単に指先を使うだけでなく、遊びの中に「数」「図形」「位置」「系列」などさまざまな概念を取り入れていきましょう。

【4歳の知育】「巧緻性」の分野でおすすめの取り組み

折り紙

折り紙は、指先を使うことで巧緻性をやしなうだけでなく、1回もしくは2回折ると「さんかく」や「ながしかく」「ましかく」になるなど図形感覚を身につけたり、「はんぶん(1/2)」「はんぶんのはんぶん(1/4)」の概念を学ぶことにも役立ちます。

はじめは2~3回折り位の少ない工程でできあがるものからスタートして、徐々に、折る工程が多くなったり、難しい手法を用いた作品にも挑戦してみましょう。

関連記事

「折り紙」は、実際に手を動かしながら三角や四角などさまざまな形に触れ、形の変化を体感することで自然に図形のセンスが磨かれるすばらしい遊びです。 とはいえ、いざ折り紙で何か折ろうと思っても、折り方が思い出せるのは「鶴」か「やっこさん」く[…]

切り紙

「はさみ」を使う作業は指先の器用さをやしない脳を活性化してくれます。
直線切り➡曲線・波線切り➡ジグザグ・直角切りとステップアップしていきながら、紙を折って切り開いた時にできるかたちを楽しむことで「線対称な図形」に親しむ取り組みにも発展させていきましょう。

折り紙などを使うこともできますが、工作の要素も盛り込んだ切り紙のドリルがあると、より楽しめます。

関連記事

「はさみ」を使う取組は、手先の器用さをやしない脳を活性化したり、集中力をつけるのに効果的。 教室でも、レッスンで「はさみ」を使う取り組みをしています。 その際に、はさみで切る素材として取り入れているのが『ぐんぐん脳が育つ知育ドリル […]

くもん「わごむパターンボード」

「わごむパターンボード」は、ボードのピンに輪ゴムをかけていろんな模様をつくる定番の知育玩具。
ボードの種類やお手本によって難易度が調整でき、幅広い年齢で使えるのが特徴です。
1本のゴムでいろんな形を作ることで、巧緻性をやしないながら図形に親しむことができます。

関連記事

くもんの『わごむパターンボード』は、ボードのピンに輪ゴムをかけ模様をつくって遊ぶおもちゃ。 2013年の日本おもちゃ大賞エデュケーショナル・トイ部門 「大賞」受賞、また「グッド・トイ2013」にも選ばれている定番の知育玩具です。 指[…]

【4歳の知育】記憶力トレーニング

 

【4歳の知育】記憶力トレーニングでおすすめの取り組み

リンク法記憶

“リンク法記憶“とは、おぼえたいものを、隣どうし鎖でどんどんつなげていく(リンクさせる)ことで、最初から最後まで順番に記憶する記憶の手法。

たとえば「かさ」「ゾウ」「バケツ」「遊園地」「りんご」なら、「かさをさしたゾウが頭にバケツをのせて遊園地へ行き、りんごを食べました。」などと自由にお話を作り、そのお話を頭の中でイメージすることで順番通りに記憶します。

リンク法記憶をトレーニングすることで記憶の容量そのものを大きくするだけでなく、「主語+述語」のかたちが整った整った文を作る練習にもなります。

関連記事

お子さんの記憶力をアップさせたい、と思わない親御さんはいらっしゃらないと思います。 あらゆる学習の場面に限らず、生きていく上で記憶力が良いに越したことはありませんよね。 私が以前、講師として6年間勤めていた「七田チャイルドアカデミー[…]

神経衰弱

子どもが大好きな「神経衰弱」は、ゲームをとおして楽しく記憶力を高めることができる遊び。
通常の神経衰弱ではトランプカードを使いますが、4歳くらいだとまだトランプカードで数字やマークが同じものを見つけるのがむずかしいので、「メモリーゲーム」といわれる、同じ絵柄のカードが2枚ずつ入ったカードがおすすめです。

関連記事

「マッチング」は、複数のものの中から同じ色や絵などを見つける取組。 私の教室でも、2歳児さんクラスからさまざまな教材をつかって「マッチング」をします。 色や絵を見て「おなじ」を認識すること、また、たくさんある選択肢の中から同じものを[…]

暗唱

レッスンでは2歳児さんクラスから俳句、年中さんから百人一首の暗唱を行っています。
俳句や百人一首をおぼえることそのものが目的ではなく、右脳の記憶力をはぐくむこと、また日本語独特の美しい響きやリズムに触れることが目的です。

関連記事

くもんから出版されている『俳句カード』と『百人一首カード』。 教室の2歳児さん~年長さんクラスでは、こちらのカードを使って、記憶力をやしなう取組を行っています。 今回は、くもんの『俳句カード』と『百人一首カード』を使った「暗唱」の取[…]

関連記事

私の教室では、2歳児さん~小学生までの各学年で「暗唱」の課題に取り組んでいます。 記憶力を高めるために取り組んでいる「暗唱」ですが、生徒さんの保護者さまから必ず聞かれる“よくある質問”があります。 おうちで「暗唱」に取り組みたい[…]

4歳児さんにおすすめのプリント教材

幼児ポピー「ポピっこ」

幼児ポピー「ポピっこ」を監修・指導しているのは脳の専門家・篠原菊紀教授。
平成18年以来10年以上連続で検証した結果、ポピーに取り組んでいるときの脳は、知的活動の基盤となる「前頭前野」が親子ともに強く活性化することがわかっています。
つまり、幼児ポピー「ポピっこ」は知的能力を高めることが科学的に実証されている教材ということが言えます。

幼児ポピー「ポピっこ」公式サイトはこちら>>>2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

関連記事

お子さんが2歳児さんくらいになると、そろそろ何か「おべんきょう」的なことを・・・と考え始める親御さんも多いのではないかと思います。 2歳児さんから取り組める通信教育の教材のなかでも、月980円というリーズナブルなお値段が評判の幼児ポピー『[…]


がんばる舎「すてっぷ」

月800円というリーズナブルなお値段が魅力のがんばる舎「すてっぷ」は、1冊に数・言葉・記憶・図形・常識(知識)・作業の6分野がバランスよく網羅されているので、上でご紹介してきた方法で「かず」「もじ・ことば」「かたち」などについて生活や遊びをとおして体験的に学んだことを、プリント上で確認したり定着させるのにピッタリの教材です。

※がんばる舎「すてっぷ」公式サイトはこちら>>>月額800円。初回1ヶ月分が無料!がんばる舎「すてっぷ」

関連記事

月800円というリーズナブルなお値段で評判の幼児向け教材、がんばる舎『すてっぷ』。 2歳から始められるということで、いったいどんな教材なのか!?以前から気になる存在でした。 そこで、実際に教材を申し込んで手に取ってみた感想も踏まえて、『[…]

ベネッセ「こどもちゃれんじ」

親御さんがご自身で、お子さんの発達段階に沿った適切な知育玩具や教材をえらんで知育をする自信がない・・・という場合は、発達に応じた知育玩具「エデュトイ」が毎月届き、DVDでお子さんへの興味づけまでをばっちりやってくれる通信教材「こどもちゃれんじ」の手を借りてみるのも一つの手です。

資料請求はこちらから>>>『こどもちゃれんじ』公式サイト 

関連記事

私は2歳児さん〜小学校低学年向けの幼児教室を開講していますが、教室に体験レッスンに来られる親御さんからよく聞かれるご質問があります。 それは、「幼児教室に通わないと、子どもの能力は伸ばせませんか?」というもの。 そのご質問に対し、私[…]

最後に

脳がもっとも発達するのが、3~4歳頃までの時期。
子どもにはできるだけたくさんの経験をさせて、刺激を与えてあげることが大事です。
4歳児さんの知育で目指したいポイントを押さえた上で、日頃の生活や遊びの中で意識して働きかけをしてあげましょう。